メルファラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メルファラン
Melphalan.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
法的規制
投与方法 経口投与、静脈注射
薬物動態データ
生物学的利用能 25~89%
代謝 加水分解
半減期 1.5±0.8時間
排泄 尿中:30%、糞中:20~50%
識別
CAS番号
148-82-3
ATCコード L01AA03 (WHO)
PubChem CID: 4053
DrugBank APRD00118
KEGG D00369
化学的データ
化学式 C13H18Cl2N2O2
分子量 305.2

メルファラン(Melphalan : L-PAM)は、アルキル化剤に分類される抗悪性腫瘍剤(抗がん剤)。製造販売元は、グラクソ・スミスクライン株式会社で、商品名はアルケラン (Alkeran)

メルファランは、メクロレタミン(日本未発売)のフェニルアラニン誘導体であり、当初は黒色腫の治療薬として開発された。しかし、黒色腫に対しては十分な効果を示すことが出来なかった一方、骨髄腫において有用性が示され、骨髄腫治療薬として承認された。

効能・効果[編集]

錠剤[編集]

  • 下記疾患の自覚的並びに他覚的症状の寛解
    • 多発性骨髄腫

静注用[編集]

重大な副作用[編集]

感染症及び出血等、ショックアナフィラキシー様症状、胃腸障害(悪心嘔吐下痢口内炎粘膜炎)、重篤な機能障害(ASTALTの上昇、ビリルビン値上昇、Al-P上昇、LDHの上昇等)、黄疸心筋症不整脈間質性肺炎肺線維症溶血性貧血

関連事項[編集]

外部リンク[編集]

参考資料[編集]

  • 『アルケラン錠』添付文書・2005年7月改訂
  • 『アルケラン静注用50mg』添付文書・2005年7月改訂