ラニムスチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラニムスチン
Ranimustine.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
Drugs.com 国別販売名(英語)
International Drug Names
法的規制
  • 劇薬、処方箋医薬品
投与方法 経静脈投与
薬物動態データ
生物学的利用能 該当資料無し
血漿タンパク結合 該当資料無し
代謝 該当資料無し
排泄 主として尿中
識別
CAS番号
58994-96-0 チェック
ATCコード L01AD07 (WHO)
PubChem CID: 71741
ChemSpider 64785
UNII RYH2T97J77 チェック
別名 1-(2-chloroethyl)-1-nitroso-3-([(2R,3S,4S,5R,6S)-3,4,5-trihydroxy-6-methoxyoxan-2-yl]methyl)urea
化学的データ
化学式 C10H18ClN3O7
分子量 327.71 g/mol
テンプレートを表示

ラニムスチン(Ranimustine)は、ニトロソウレア系のアルキル化剤の一つである。ストレプトゾトシンを基本骨格として、田辺三菱製薬により創製された。商品名は注射用サイメリン

日本では膠芽腫骨髄腫悪性リンパ腫慢性骨髄性白血病[1]真性赤血球増加症[2]本態性血小板増多症への治療の用途が認可されている。

アメリカ合衆国では、アメリカ食品医薬品局による評価中であり、市販されていない。

副作用[編集]

治験時の副作用発現率は44.6%であった[3]:34。主な副作用は白血球減少、血小板減少、食欲不振、悪心・嘔吐、赤血球減少であった。

重大な副作用として骨髄抑制(白血球減少(22.2%)、血小板減少(20.6%)、貧血、汎血球減少、出血傾向)と間質性肺炎(0.10%)が知られている。そのほか、肝臓腎臓消化器皮膚、その他全身症状が発現する[4]

出典[編集]

  1. ^ Kitajima K, Adachi T, Takahashi I, et al. (November 1989). “[Chemotherapy of chronic myelogenous leukemia--VP(M) regimen initiated during its chronic phase, and evaluation of MCNU in the phase of blastic crisis]” (Japanese). Gan To Kagaku Ryoho 16 (11): 3573–9. PMID 2817908. 
  2. ^ Nagai M, Tasaka T, Kamano H, et al. (December 1988). “[Therapeutic effect of ranimustine (MCNU) on essential thrombocythemia and polycythemia vera]” (Japanese). Gan To Kagaku Ryoho 15 (12): 3267–70. PMID 3196045. 
  3. ^ 注射用サイメリン50mg/注射用サイメリン100mg インタビューフォーム (PDF)” (2015年8月). 2016年6月29日閲覧。
  4. ^ 注射用サイメリン50mg/注射用サイメリン100mg 添付文書” (2015年8月). 2016年6月29日閲覧。

関連項目[編集]