ネダプラチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ネダプラチン
Nedaplatin.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 アクプラ
Drugs.com 国別販売名(英語)
International Drug Names
法的規制
  • JP: 処方箋医薬品
  • (Prescription only)
投与方法 IV
薬物動態データ
生物学的利用能 100%
識別
CAS番号
95734-82-0 チェック
ATCコード none
PubChem CID: 6917890
UNII 8UQ3W6JXAN チェック
KEGG D01416  チェック
化学的データ
化学式 C2H8N2O3Pt
分子量 303.17 g/mol
テンプレートを表示

ネダプラチン(Nedaplatin)は、抗癌作用を持つ白金化合物。商品名アクプラ塩野義製薬が開発し、日本では1995年6月に承認された。2016年、日医工へ販売移管された。 効能・効果は頭頸部癌肺小細胞癌肺非小細胞癌食道癌膀胱癌精巣(睾丸)腫瘍卵巣癌子宮頸癌である。

作用機序[編集]

ネダプラチンは細胞内に入った後,グリコレート配位子のアルコール酸素と白金の結合が切れて,白金に水が付加したイオン種(活性種,すなわちアコ錯体)を生成する。次に,一方が外れたグリコレート配位子は不安定になって脱離し,種々のイオン種に変化し,これらのイオン種がDNAと結合する。同効薬のシスプラチンと同様の経路でDNAと結合し,その結果,DNAの複製を阻害することにより抗腫瘍作用を示すと考えられている。

副作用[編集]

重大な副作用は、ショックアナフィラキシー様症状、骨髄抑制(白血球だけでなく血小板も減少する)、アダムス・ストークス発作、難聴・聴力低下(1~5%未満)、耳鳴、間質性肺炎、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群のほか、腎不全(0.1~1%未満)である。

シスプラチンと比べて悪心(7.25%)や嘔吐(4.46%)(シスプラチンでは悪心・嘔吐として74.6%)、食欲不振(3.40%、シスプラチンでは62.2%)等が軽減されている[1][2][3][4]が、骨髄抑制は概ね増加している(白血球減少:シスプラチン36.5%→ネダプラチン49.2%、血小板減少:シスプラチン17.0%→ネダプラチン43.0%、貧血:シスプラチン28.0%→ネダプラチン23.6%(Hb減少として))。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 抗がん剤の種類と副作用 ネダプラチン(プラチナ製剤)”. 2014年9月10日閲覧。
  2. ^ Ota K (February 1996). “ネダプラチン”. 癌と化学療法 23 (3): 379–87. PMID 8712835. 
  3. ^ アクプラ静注用10mg/アクプラ静注用50mg/アクプラ静注用100mg 添付文書” (2016年7月). 2016年7月4日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ ランダ注10mg/20mL/ランダ注25mg/50mL/ランダ注50mg/100mL 添付文書” (2014年8月). 2015年5月3日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]