オラパリブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オラパリブ
Olaparib.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 リムパーザ, Lynparza
法的規制
投与方法 経口
識別
CAS番号
763113-22-0 ×
ATCコード L01XX46 (WHO)
PubChem CID: 23725625
IUPHAR/BPS 7519
ChemSpider 23343272 チェック
UNII WOH1JD9AR8 チェック
KEGG D09730
ChEBI CHEBI:83766 ×
ChEMBL CHEMBL521686 チェック
化学的データ
化学式 C24H23FN4O3
分子量 435.08 g/mol
テンプレートを表示

オラパリブ (Olaparib, AZD-2281, Ku-0059436) は、進行した卵巣癌への分子標的治療薬として、アストラゼネカリムパーザ(Lynparza) が2014年12月に米国食品医薬品局(FDA)と欧州医薬品庁(EMA)から承認を得ている[1][2][3]。日本でも2018年1月に「白金系抗悪性腫瘍剤感受性の再発卵巣癌における維持療法」を効能・効果として承認[4]。2018年7月2日「がん化学療法歴のあるBRCA遺伝子変異陽性かつHER2陰性の手術不能又は再発乳癌」についても適応が承認された[5]

DNA修復に関与するポリADPリボースポリメラーゼ英語版を阻害するPARP阻害剤英語版である。がん抑制遺伝子であるBRCA1BRCA2に変異をもつがんは本剤に感受性が高く、BRCA1/2遺伝子に変異を有する卵巣癌、乳癌、前立腺癌膵臓癌等の治療に用いられる。

400mgを1日2回経口摂取する[2]。1日の合計摂取量は800mg[2]。1週間分となる 50mgカプセル112個入りボトル が $3,000 で販売されている[6]

選択的阻害剤の一種であり PARP-1 (英語版PARP-2 (英語版 への作用 IC50 はそれぞれ 5 nM と 1 nMである[7]。400mgを1日2回摂取した時の血中濃度は Cmax ss = 1.18-14.2 µg/mL、AUC0-12 = 6.48-154 µg.h/mL[8]

ヒト正常細胞においてもPARP阻害薬オラパリブは作用し、ゲノム不安定性を招き染色体異常が増加する。進行癌以外でPARP阻害薬を使用する場合は注意が必要[9]

効能・効果[編集]

  • 白金系抗悪性腫瘍剤感受性の再発卵巣癌における維持療法
  • がん化学療法歴のあるBRCA遺伝子変異陽性かつHER2陰性の手術不能又は再発乳癌

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ FDA News Release FDA approves Lynparza to treat advanced ovarian cancer”. www.fda.gov. 米国食品医薬品局 (2014年12月19日). 2016年5月26日閲覧。
  2. ^ a b c Label: LYNPARZA safely and effectively (pdf)”. www.fda.gov. 米国食品医薬品局 (2014年). 2016年5月26日閲覧。
  3. ^ EPAR summary for the public Lynparza olaparib (pdf)”. www.ema.europa.eu. 欧州医薬品庁 (2014年). 2016年5月26日閲覧。
  4. ^ アストラゼネカのリムパーザ(オラパリブ)再発卵巣がん治療薬として国内製造販売承認を取得” (日本語). www.astrazeneca.co.jp. 2018年6月2日閲覧。
  5. ^ https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/series/drug/update/201809/557882.html
  6. ^ Lynparza Prices and Lynparza Coupons - GoodRx”. www.goodrx.com. GoodRx, Inc (2016年5月26日). 2016年5月26日閲覧。
  7. ^ selleck.jp → DNAの損傷 → PARP 阻害剤 → Olaparib (AZD2281, Ku-0059436)”. www.selleck.jp. Selleck Chemicals(セレックケミカルズ). 2016年5月26日閲覧。
  8. ^ Olaparib (AZD2281) SPONSOR BRIEFING DOCUMENT FDA ONCOLOGIC DRUGS ADVISORY COMMITTEE MEETING (pdf)”. www.fda.gov. 米国食品医薬品局 (2014年5月20日). 2016年5月27日閲覧。
  9. ^ 伊藤 修平, Murphy Conleth G, Doubrovina Ekaterina, Jasin Maria, Moynahan Mary Ellen. (2013年3月5日). “ヒト正常細胞におけるPARP阻害薬によるゲノム不安定性の検討”. ci.nii.ac.jp. p. 523. 2016年5月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]