IMPデヒドロゲナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
IMPデヒドロゲナーゼ
1nf7.jpg
識別子
EC番号 1.1.1.205
CAS登録番号 9028-93-7
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA英語版 BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

IMPデヒドロゲナーゼ(IMP dehydrogenase, IMPDH)は、イノシン一リン酸デヒドロゲナーゼ(inosine monophosphate dehydrogenase)やイノシン酸脱水素酵素(inosinate dehydrogenase)などとも呼ばれ、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

IMP + NAD+ + H2O XMP + NADH + H+

組織名はIMP:NAD+ oxidoreductaseである。

IMPデヒドロゲナーゼの阻害薬としてミコフェノール酸モフェチルがあり、これは生体内でエステル部分が加水分解されてミコフェノール酸となる。ミコフェノール酸は、IMPデヒドロゲナーゼを可逆的に不競合阻害する[1]

出典[編集]

  1. ^ ミコフェノール酸モフェチル製剤 インタビューフォーム(第20版)』 中外製薬 2016年5月 (「薬効や栗に関する項目」を参照のこと)

参考文献[編集]

  • Wang J, Yang JW, Zeevi A, Webber SA, Girnita DM, Selby R, Fu J, Shah T, Pravica V, Hutchinson IV, Burckart GJ (May 2008). “IMPDH1 gene polymorphisms and association with acute rejection in renal transplant patients”. Clin. Pharmacol. Ther. 83 (5): 711–7. doi:10.1038/sj.clpt.6100347. PMID 17851563.