朗読劇 しっぽのなかまたち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
しっぽのなかまたちから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

朗読劇 しっぽのなかまたち』(ろうどくげき しっぽのなかまたち)は、イヌネコを題材とした朗読劇である。

概要[編集]

飼い主と何気ない日々を過ごすペット。捨てられて、保健所などで身を寄せ合う犬や猫たち。また、心身ともにペットを支えとする人間や、ペットの身近にいる人間たちの、不満や悩み、夢や希望、恋や喧嘩など、様々な想いと出来事をオムニバス形式で上演する、笑いあり涙ありな朗読劇である。

  • 収益の一部は、殺処分される犬や猫を救うための、チャリティー活動を行なっている団体に寄付される。
  • 劇中音楽はギターの生演奏で、森大造が担当。演じ手は日替わりで変わるため、出演者も多く、同じキャスト同士の組み合わせはほぼない。
  • 話によっては、クイズの出題や、キャストが客席に降りるなど、出演者と観客が交流できる「参加型朗読劇」となっており、キャストが持つ台本は役によって見た目が違い、犬猫役はしっぽ付きのカバーで生地を変えるなど個性を出している。

ストーリー[編集]

  • しっぽのなかまたち」は3部構成。『小雪と小春と小太郎と』『犬の大学』『我が輩は犬である』の3本。
  • しっぽのなかまたち2」は3部構成。新作『犬の婚活』と、前作から『小雪と小春と小太郎と』『我が輩は犬である』を再演した3本。
  • しっぽのなかまたち3」は4部構成。新作『シラトリ動物病院へようこそ』『犬の卒業』『八月の冒険』に初演から続く『小雪と小春と小太郎と』の4本。
  • しっぽのなかまたち4」は3部構成。新作『六畳一間の王国』『さよなら、ありがとう』に初演の続編『犬の大学』の3本。

小雪と小春と小太郎と』 脚本:江頭美智留

猫の小太郎と、人間の小雪が一緒に暮らし始めて7年、小雪が小春と名付けたメス猫を新しく拾ってきた。小太郎も昔は野良猫だった。ある日、住んでいるアパートの取り壊しが決まり、立ち退きを迫られ、新しく家を探すことになる。しかし、ペット2匹を飼える家探しは難航する。一人になりたくないという小春の想いの一方で、自由を願っていた小太郎は、家を飛び出した。

犬の大学』 脚本:岡本貴也

保健所暮らしのクッキー、ファン太、ケンシロウ。人間の勝手な都合で捨てられてきた彼らだが、いつかまた人間と幸せに暮らすことを夢見ていた。人に好かれる方法を考え悩んでいた3匹は、老猫・ミサイルに、アドバイスを聞くことにする。

我が輩は犬である』 脚本:松田裕子

チワワのカンチは、飼い主であるのぞみを大好きだったが、のぞみの彼氏・鉄道オタクの光太郎のことは嫌いだった。ある日、雷に打たれた拍子に、カンチと光太郎の中身が入れ替わってしまう。人間になってしまったカンチと、犬になってしまった光太郎、そして秘かに不安を抱えていたのぞみ。中身が入れ替わったことで、それぞれの気持ちが大きく揺れ動く。

犬の婚活』 脚本:岡本貴也

犬を保護し里親探しをするとある家に、ルパン、次元、五右衛門、銭形のオス犬4匹と、唯一のメス犬・不二子がいた。ルパンたちは、不二子へ好意を寄せていたのだが、彼女は里親が見つかり、引き取られることになってしまう。急なことに大騒ぎになり、不二子を巡った婚活が始まる。

シラトリ動物病院へようこそ』 脚本:松田裕子

獣医師である白鳥浩平には、飼い主やペットには言えない隠し事があった。「動物の心の声が聞こえる」という一見便利なものだが、悟られないよう接していたため、苦労も多かった。そんな彼の元に、今日も様々な問題を抱えた、強烈で個性的な飼い主とペットがやって来る。

犬の卒業』 脚本:岡本貴也

人間たちに捨てられ、やさぐれた、保健所暮らしのロケット、レオン、ミント、ココ。明日は彼らを見学しに、人間がやってくる日。個性的な4匹が、保健所を卒業し、幸せな暮らしができるように、熱血教師、老犬・甚八の授業が始まる。

八月の冒険』 脚本:中川千英子

小学4年生の悠太は耳に障害があった。悠太の耳代わりをして来た聴導犬・ハルオだが、彼はもう年老いていた。最近きた柴犬のサスケに、今後は代わりを任せようとするが、サスケは我がままで聞こうとしない。ある日、悠太とママが、今年の花火大会のことで喧嘩をしていた。毎年必ず家族全員で行った花火大会。亡くなったパパとの大切な約束。ハルオとサスケを連れ出し、悠太は初めての冒険に出る。

六畳一間の王国』 脚本:広田光毅

超人気作家に飼われている雑種犬・龍之介は、高級マンション暮らしに高級ドッグフードの贅沢三昧で超傲慢!近所で暮らす野良猫に毎日自慢話を聞かせる生活を楽しんでいた。しかし、ある時からご主人の様子が変わり始め、ドッグフードも粗末な物になってしまう。あからさまに嫌な態度をとって、拗ねる龍之介だが…。

さよなら、ありがとう』 脚本:江頭美智留

俊介と麻耶は結婚生活に終止符を打とうとしていた。二人の飼い犬・ハチと飼い猫・テンをどちらが引き取るかで、大喧嘩!ハチは俊介に、テンは麻耶の側についてペット同士も意見が分かれる。はたして、二人と二匹の運命は!?

スタッフ・キャスト[編集]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

朗読劇 しっぽのなかまたち

池田純矢泉政行市道真央井上正大小野健斗梶裕貴加藤和樹叶千佳川隅美慎菊地美香北山詩織崎本大海清水由紀鈴木拡樹高柳明音 (SKE48)、中村誠治郎橋本淳東山光明(Honey L Days)、平牧仁細貝圭松田凌八神蓮矢崎広米原幸佑和田琢磨

朗読劇 しっぽのなかまたち 2

青木一馬(TOKYO流星群)、AKINA鮎川太陽五十嵐麻朝池田純矢市道真央小野賢章加藤和樹、神田麻衣、北村諒小谷嘉一清水由紀相馬圭祐高崎翔太、竹岡常吉、田中涼子辻本祐樹、中西悠綺、根本正勝東山光明(Honey L Days)、比上孝浩廣瀬智紀藤岡みなみ松田凌三上俊百瀬朔八神蓮

朗読劇 しっぽのなかまたち 3

荒木宏文石田晴香(AKB48)、市道真央、伊東愛、加藤和樹鎌苅健太神永圭佑河原田巧也菊地美香聖也高柳明音(SKE48)、田野アサミ東山光明(Honey L Days)、平牧仁廣瀬智紀細川洪(TOKYO流星群)、牧野由依松島庄汰松田凌水石亜飛夢水島大宙八神蓮山内鈴蘭(AKB48)、山田ジェームス武

朗読劇 しっぽのなかまたち 4

青柳塁斗阿久津愼太郎鮎川太陽石田晴香(AKB48)、鎌苅健太川原一馬、木田健太、黒羽麻璃央佐藤すみれ(SKE48)、染谷俊之高柳明音(SKE48)、竹達彩奈戸谷公人冨森ジャスティン中村龍介廣瀬大介廣瀬智紀、松本優希、南圭介百瀬朔矢崎広、山口純、わたなべいつき

公演内容[編集]

朗読劇 しっぽのなかまたち[編集]


2012年12月18日 - 26日(全11公演)

公演日程

各公演、男性4名・女性1名で構成。

配役

我が輩は犬である。』 脚本:松田裕子

カンチ のぞみ 光太郎
12月18日 小野健斗 市道真央 池田純矢
12月19日 小野健斗 高柳明音 八神蓮
12月20日 米原幸佑 市道真央 池田純矢
12月21日 米原幸佑 清水由紀 小野健斗
12月22日 小野健斗 北山詩織 八神蓮
12月23日 崎本大海 市道真央 松田凌
12月24日 小野健斗 菊地美香 和田琢磨
12月25日 平牧仁 叶千佳 小野健斗
12月26日 中村誠治郎 市道真央 池田純矢

小雪と小春と小太郎と』 脚本:江頭美智留

小 雪 小 春 小太郎
12月18日 東山光明 市道真央 橋本淳
12月19日 東山光明 高柳明音 加藤和樹
12月20日 細貝圭 市道真央 加藤和樹
12月21日 橋本淳 清水由紀 梶裕貴
12月22日 池田純矢 北山詩織 梶裕貴
12月23日 池田純矢 市道真央 矢崎広
12月24日 川隅美慎 菊地美香 泉政行
12月25日 池田純矢 叶千佳 井上正大
12月26日 細貝圭 市道真央 鈴木拡樹

犬の大学』 脚本:岡本貴也

クッキー ファン太 ケンシロウ ミサイル
12月18日 橋本淳 東山光明 池田純矢 小野健斗
12月19日 加藤和樹 東山光明 八神蓮 小野健斗
12月20日 加藤和樹 細貝圭 池田純矢 米原幸佑
12月21日 橋本淳 小野健斗 梶裕貴 米原幸佑
12月22日 梶裕貴 小野健斗 八神蓮 池田純矢
12月23日 矢崎広 松田凌 崎本大海 池田純矢
12月24日 泉政行 川隅美慎 和田琢磨 小野健斗
12月25日 池田純矢 小野健斗 平牧仁 池田純矢
12月26日 中村誠治郎 細貝圭 鈴木拡樹 池田純矢

朗読劇 しっぽのなかまたち 2[編集]


2013年4月23日 - 5月5日(全19公演)

シリーズ2は、新作『犬の婚活』と、前作から『小雪と小春と小太郎と』『我が輩は犬である』の3部構成。

『犬の婚活』の不二子は、脚本家・岡本の犬がモデル。[1]

公演日程

各公演、男性4名・女性1名で構成。

配役

我が輩は犬である。』 脚本:松田裕子

カンチ のぞみ 光太郎
4月23日 竹岡常吉 市道真央 東山光明
4月24日 比上孝浩 藤岡みなみ 小野賢章
4月25日 鮎川太陽 中西悠綺 松田凌
4月26日 八神蓮 中西悠綺 小野賢章
4月27日 鮎川太陽 藤岡みなみ 松田凌
4月28日 竹岡常吉 田中涼子 松田凌
4月29日 八神蓮 清水由紀 五十嵐麻朝
4月30日 北村諒 神田麻衣 八神蓮
5月 1日 北村諒 神田麻衣 五十嵐麻朝
5日 2日 池田純矢 田中涼子 松田凌
5月 3日 三上俊 AKINA 根本正勝
5月 4日 高崎翔太 市道真央 根本正勝
5月 5日 高崎翔太 AKINA 東山光明

小雪と小春と小太郎と』 脚本:江頭美智留

小 雪 小 春 小太郎
4月23日 青木一馬 市道真央 加藤和樹
4月24日 青木一馬 藤岡みなみ 加藤和樹
4月25日 小谷嘉一 中西悠綺 池田純矢
4月26日 小谷嘉一 中西悠綺 三上俊
4月27日 百瀬朔 藤岡みなみ 小野賢章
4月28日 相馬圭祐 田中涼子 廣瀬智紀
4月29日 百瀬朔 清水由紀 池田純矢
4月30日 小谷嘉一 神田麻衣 辻本祐樹
5月1日 小谷嘉一 神田麻衣 廣瀬智紀
5月2日 青木一馬 田中涼子 辻本祐樹
5月3日 相馬圭祐 AKINA 小野賢章
5月4日 比上孝浩 市道真央 辻本祐樹
5月5日 相馬圭祐 AKINA 池田純矢

犬の婚活』 脚本:岡本貴也

ルパン 次 元 五右衛門 銭 形 不二子
4月23日 加藤和樹 東山光明 青木一馬 竹岡常吉 市道真央
4月24日 加藤和樹 比上孝浩 青木一馬 小野賢章 藤岡みなみ
4月25日 松田凌 小谷嘉一 鮎川太陽 池田純矢 中西悠綺
4月26日 八神蓮 小谷嘉一 三上俊 小野賢章 中西悠綺
4月27日 松田凌 百瀬朔 鮎川太陽 小野賢章 藤岡みなみ
4月28日 松田凌 相馬圭祐 廣瀬智紀 竹岡常吉 田中涼子
4月29日 八神蓮 五十嵐麻朝 百瀬朔 池田純矢 清水由紀
4月30日 八神蓮 小谷嘉一 北村諒 辻本祐樹 神田麻衣
5月 1日 廣瀬智紀 五十嵐麻朝 北村諒 小谷嘉一 神田麻衣
5日 2日 松田凌 池田純矢 青木一馬 辻本祐樹 田中涼子
5月 3日 根本正勝 相馬圭祐 三上俊 小野賢章 AKINA
5月 4日 根本正勝 比上孝浩 高崎翔太 辻本祐樹 市道真央
5月 5日 相馬圭祐 東山光明 高崎翔太 池田純矢 AKINA

朗読劇 しっぽのなかまたち 3[編集]


2013年11月19日 - 22日、11月26日 - 12月1日(全12公演)

シリーズ3は、新作『シラトリ動物病院へようこそ』『犬の卒業』『八月の冒険』の3本と、初演から続く『小雪と小春と小太郎と』を入れた4部構成となった。

公演日程

各公演、男性6名・女性2名で構成。

配役

小雪と小春と小太郎と』 脚本:江頭美智留

小 雪 小 春 小太郎
11月19日 神永圭佑 石田晴香 鎌苅健太
11月20日 神永圭佑 石田晴香 松田凌
11月21日 神永圭佑 田野アサミ 東山光明
11月22日 山田ジェームス武 牧野由依 東山光明
11月26日 山田ジェームス武 菊地美香 鎌苅健太
11月27日 神永圭佑 田野アサミ 荒木宏文
11月28日 山田ジェームス武 伊東愛 松田凌
11月29日 神永圭佑 伊東愛 松田凌
11月30日 神永圭佑 高柳明音 荒木宏文
12月1日 神永圭佑 牧野由依 荒木宏文

シラトリ動物病院へようこそ』 脚本:松田裕子

白鳥浩平 醍醐二郎
もずく
向井翔太
ガイア
安野まどか
プリンセスキャンディー
11月19日 加藤和樹 荒木宏文 平牧仁 山内鈴蘭
11月20日 鎌苅健太 荒木宏文 八神蓮 菊地美香
11月21日 松田凌 荒木宏文 八神蓮 菊地美香
11月22日 鎌苅健太 神永圭佑 松島庄汰 石田晴香
11月26日 松田凌 神永圭佑 東山光明 牧野由依
11月27日 松田凌 神永圭佑 八神蓮 田野アサミ
11月28日 水島大宙 神永圭佑 東山光明 山内鈴蘭
11月29日 加藤和樹 神永圭佑 河原田巧也 田野アサミ
11月30日 水島大宙 神永圭佑 松島庄汰 菊地美香
12月1日 鎌苅健太 神永圭佑 河原田巧也 市道真央

犬の卒業』 脚本:岡本貴也

甚八 ロケット レオン ミント ココ
11月19日 加藤和樹 平牧仁 鎌苅健太 東山光明 石田晴香
11月20日 荒木宏文 八神蓮 神永圭佑 細川洪 石田晴香
11月21日 松田凌 八神蓮 聖也 東山光明 田野アサミ
11月22日 松島庄汰 山田ジェームス武 聖也 東山光明 石田晴香
11月26日 松田凌 山田ジェームス武 神永圭佑 水石亜飛夢 菊地美香
11月27日 松田凌 八神蓮 聖也 水石亜飛夢 牧野由依
11月28日 水島大宙 山田ジェームス武 鎌苅健太 東山光明 伊東愛
11月29日 加藤和樹 廣瀬智紀 河原田巧也 細川洪 伊東愛
11月30日 水島大宙 松島庄汰 河原田巧也 水石亜飛夢 高柳明音
12月1日 荒木宏文 廣瀬智紀 鎌苅健太 水石亜飛夢 市道真央

八月の冒険』 脚本:中川千英子

サスケ ハルオ 近藤悠太 近藤奈々
11月19日 東山光明 荒木宏文 神永圭佑 山内鈴蘭
11月20日 松田凌 鎌苅健太 細川洪 菊地美香
11月21日 聖也 荒木宏文 神永圭佑 菊地美香
11月22日 聖也 鎌苅健太 神永圭佑 牧野由依
11月26日 東山光明 鎌苅健太 水石亜飛夢 牧野由依
11月27日 聖也 荒木宏文 水石亜飛夢 牧野由依
11月28日 松田凌 鎌苅健太 神永圭佑 山内鈴蘭
11月29日 松田凌 廣瀬智紀 細川洪 田野アサミ
11月30日 河原田巧也 荒木宏文 水石亜飛夢 菊地美香
12月1日 河原田巧也 廣瀬智紀 水石亜飛夢 牧野由依

朗読劇 しっぽのなかまたち 4[編集]


2015年8月15日 - 23日(全14公演)

シリーズ3は、新作『シラトリ動物病院へようこそ』『犬の卒業』『八月の冒険』の3本と、初演から続く『小雪と小春と小太郎と』を入れた4部構成となった。

公演日程

各公演、男性5名・女性1名で構成。

配役

六畳一間の王国』 脚本:広田光毅

龍之介 夢想志朗 名無し 金谷
8月15日 染谷俊之 川原一馬 石田晴香 中村龍介
8月16日 南圭介 鮎川太陽 石田晴香 戸谷公人
8月17日 鎌苅健太 阿久津愼太郎 高柳明音 木田健太
8月18日 矢崎広 阿久津愼太郎 佐藤すみれ 戸谷公人
8月19日 廣瀬智紀 阿久津愼太郎 石田晴香 中村龍介
8月20日 鎌苅健太 鮎川太陽 石田晴香 戸谷公人
8月21日 矢崎広 阿久津愼太郎 松本優希 青柳塁斗
8月22日 廣瀬智紀 川原一馬 松本優希 戸谷公人
8月23日 南圭介 阿久津愼太郎 竹達彩奈 青柳塁斗

さよなら、ありがとう』 脚本:江頭美智留

俊介 麻耶 ハチ(犬) テン(猫)
8月15日 冨森ジャスティン 石田晴香 川原一馬 廣瀬大介
8月16日 鮎川太陽 石田晴香 百瀬朔 廣瀬大介
8月17日 青柳塁斗 高柳明音 百瀬朔 阿久津愼太郎
8月18日 青柳塁斗 佐藤すみれ 鎌苅健太 阿久津愼太郎
8月19日 わたなべいつき 石田晴香 山口純 阿久津愼太郎
8月20日 鮎川太陽 石田晴香 黒羽麻璃央 木田健太
8月21日 鮎川太陽 松本優希 百瀬朔 阿久津愼太郎
8月22日 鎌苅健太 松本優希 川原一馬 百瀬朔
8月23日 鮎川太陽 竹達彩奈 黒羽麻璃央 阿久津愼太郎

犬の大学』 脚本:岡本貴也

クッキー ファン太 ケンシロウ ミサイル
8月15日 廣瀬大介 染谷俊之 冨森ジャスティン 中村龍介
8月16日 廣瀬大介 百瀬朔 戸谷公人 南圭介
8月17日 青柳塁斗 百瀬朔 木田健太 鎌苅健太
8月18日 青柳塁斗 鎌苅健太 戸谷公人 矢崎広
8月19日 廣瀬智紀 わたなべいつき 山口純 中村龍介
8月20日 戸谷公人 黒羽麻璃央 木田健太 鎌苅健太
8月21日 青柳塁斗 百瀬朔 鮎川太陽 矢崎広
8月22日 廣瀬智紀 百瀬朔 戸谷公人 鎌苅健太
8月23日 青柳塁斗 黒羽麻璃央 鮎川太陽 南圭介

ドリンク[編集]

「しっぽのなかまたち」が「しっぽのなかまたち」を救おうドリンク

「しっぽのなかまたち3」の公演会場が天王洲 銀河劇場だったため、銀河劇場バーコーナーSTRA DE ROUGEにて、出演者の大切な家族であるペットたちのイメージドリンクが作られた。カウンターにはペットたちの可愛らしい写真が飾られており、ノンアルコール(500円)、アルコール入り(700円)のどちらかが選べる。キャストが日替わりのため、ドリンクのアイデアを伝える予定が合わず、ペットを飼っている出演者全員とはいかなかったが、公演中に呼びかけ種類も日に日に増えていった[2]。今回のドリンクの収益金も、一部チャリティーに寄付することとなっている。

  • 演出・岡本貴也「不二子」 (イヌ)
    いちごミルクのカクテル、またはノンアルコールを選べる[2]
  • 加藤和樹「Peach」 (モモンガ)
    桃を仕様し、カクテルは白ワイン、ノンアルコールは桃ジュース[2]
  • 牧野由依「ほっけ」 (フェレット)
    ピンクグレープフルーツに桜香るカクテル、またはノンアルコール[2]
  • 神永圭佑「AZUKI」 (ネコ)
    隠し味に黒糖を使った抹茶ラテ。ノンアルコールのみ[3]
  • 神永圭佑「ANKO」 (ネコ)
    キャラメルとメープルシロップを加え、チョコとミルクで二層になったショコララテ。ノンアルコールのみ[4]
  • 河原田巧也「ミイとケイ」 (ネコ)
    ハーブのエンダーフラワー&レモン。カクテルはロゼシャンパンで割り、ノンアルコールは&ソーダで[4]
  • 八神蓮「リッチー」 (イヌ)
    紅茶リキュールとミルクを使用したアールグレイ風味のミルクティーカクテル。ノンアルコールは黒糖を使ったアールグレイミルクティー[4]
  • 東山光明「モモちゃん」 (イヌ)
    桃のゼリーにカットした黄桃とピュレをかけ、カクテルはスパークリングワイン、ノンアルコールはソーダ割り[4]

その他[編集]

DVD

  • 朗読劇「しっぽのなかまたち3」ナビゲートDVD(BS朝日で放送された上演直前SPナビにオフショットを追加したもの)

メディア

  • 朗読劇「しっぽのなかまたち3」上演直前スペシャルナビ(2013年11月16日深夜、BS朝日

アメスタ

脚注[編集]

  1. ^ 朗読劇「しっぽのなかまたち」公式ブログ 物販隊長・不二子!&初日の様子(2013年4月30日)2014年1月23日閲覧。
  2. ^ a b c d 銀河劇場バーコーナーSTRA DE ROUGE公式ブログ ★しっぽのなかまたちがしっぽのなかまたちを救う ドリンクっっ★(2013年11月21日)
  3. ^ 銀河劇場バーコーナーSTRA DE ROUGE公式ブログ ★しっぽのなかまたち3~カウンターも賑わってきたね★(2013年12月1日)
  4. ^ a b c d 銀河劇場バーコーナーSTRA DE ROUGE公式ブログ ★しっぽのなかまたちが増えて来たっっ★(2013年11月27日)

外部リンク[編集]