ARAI MOUNTAIN&SPA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ARAI MOUNTAIN&SPA(アライ・マウンテン アンド スパ)は、新潟県妙高市に存在したスキー場とリゾートホテルによる複合リゾート施設。営業当初はARAI MOUNTAIN&SKI RESORTであったが、後に温泉施設の拡充を図ったことからSPAの名が追加された。ARAIの名の由来は新井市(現・妙高市)にちなむ。運営は、新井リゾートマネジメント(妙高市)が行っていた。

概要[編集]

1993年に開業した典型的なバブル型リゾート施設ではあったが、標高が高く雪質の良さや5月まで滑走な可能なゲレンデ、温泉施設などを拡充し続けたことで集客は良く、瞬く間に消えていった他のバブル型リゾート施設と比べると長寿の部類に入る。

2000年代に入り、スキーヤーが激減したことに加え、2005年のシーズンには豪雪すぎて集客がままならないという状況(積雪が無い状態でもアクセス自体は悪かった)となり、2006年7月10日に運営会社は11億円以上の負債を抱えて経営破綻した。2013年現在もスキー場とホテルは閉鎖状態となっている。

歴史[編集]

  • 1993年12月 スキー場のメインゲレンデとホテルが先行オープン。
  • 1994年 ペアリフト新設、ナイター営業を開始。
  • 1996年 地ビール(新井ビール)の醸造、販売を開始。
  • 1999年 ホテル増設、プール施設オープン。
  • 2002年 エステティック施設を充実。
  • 2005年 - 2006年 結果的に最後のシーズン。
  • 2006年7月10日 運営会社が倒産。

スキー場[編集]

ゴンドラ1本、リフト4本を連携させた全11コースの規模を誇った。最長滑走距離5,200m。

関連項目[編集]