4D技術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

4D技術とは、現在の時空間などの3次元の次元定義に対し、それとは異なる新しい次元定義を行った技術を指す。 デジタルコンテンツの中で、デジタル以外のリアルな要素を取り入れた作品を提示する際に、用いられることが多い。 2012年現在では、嗅覚・味覚への方向で技術革新が行われていることが多い。

4D技術の例[編集]

空間
1次元:点。2次元:平面。3次元:空間。4次元:空間以外の新しい次元定義。
五感
1次元:視覚。2次元:聴覚。3次元:触覚。4次元:嗅覚。
モバイル技術
1次元:通話。2次元:メール。3次元:デジタルコンテンツ(画像・映像・動画)。4次元:香り。
コミュニケーション形態
1次元:通話。2次元:メール。3次元:表情・感情表現(絵文字・着メロ)。4次元:香り(コミュニケーションと記憶の結び付け)。

4D技術の考え方その1[編集]

思念の領域に関する技術。

4D技術を使った作品[編集]

スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション
2011年のアメリカのスパイアクション映画「スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション」がその技術を使った作品の1つである。本作は3D映画であるが、これに「匂い」を加えた「4D映画」と宣伝された。これはスクリーン上に1〜8の番号が表示された際、映画館入場時配布のカードの番号部分をこする事でその場面の「匂い」を再現するというものである。
星の見える丘シリーズ:マルスの赤いスカーフ
日本のショート3DCGアニメーションである本作は、内側全周囲がスクリーンで構成されている円筒形状の空間内で投影される全方向の3D映像に加え、ストーリーに合わせたギミック(エアーや振動)でアニメーションの世界やストーリーを「体現」できるというものである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]