金剛山電気鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
終点の内金剛駅

金剛山電気鉄道(こんごうさんでんきてつどう、クムガンサンでんきてつどう、クムガンサンチョンギチョルト)は、日本統治時代の朝鮮で運行されていた電気鉄道路線。現在、路線跡は軍事境界線で南北に分断されている。

総延長は100kmを越す長距離運転の電気鉄道であった。

概要[編集]

韓国鉄原郡に残る金剛山電気鉄道鉄橋跡

現在、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)統治下の金剛山は、観光地として有望な場所であったにもかかわらず、交通手段が極めて貧弱であった。そのような中、皇居二重橋の設計者で日本や台湾、朝鮮での鉄道建設工事を請け負ってきた久米民之助が、1918年に金剛山周辺を踏査した。久米は東側が急で西側が緩やかな朝鮮半島の地形に着目し、金剛山の北側を流れ、漢江に合流して黄海へと注ぐ化川河の水を、トンネル日本海側に導くことによって水力発電を行い、その電力で京元線の鉄原から金剛山の麓まで電気鉄道を建設しようという計画を立てた。そして事業の賛同者を募り、久米民之助を中心として1919年に金剛山電気鉄道株式会社が設立された。

1920年にまず水力発電用のトンネル工事に着手、そして1921年には鉄道本体の工事が起工された。会社設立がちょうど第一次世界大戦後の不況期にぶつかり経営に苦心した。また建設開始当初は軌間1067mmの狭軌を用いる予定であったが、金剛山電気鉄道株式会社の取締役であり、鉄道界の重鎮であった古川阪次郎の提言により1921年になって1435mmの標準軌(俗に言う広軌)にすることに変更された。

1923年には鉄道の第一期工事と水力発電所は完成し、電車の準備も整い1923年11月には開業を予定していた。しかし関東大震災による火災で、芝浦製作所(現:東芝)に製作を依頼していた電車用の電動発電機が焼失してしまい、結局、南満州鉄道(満鉄)から借りた蒸気機関車客車で、1924年8月1日に鉄原~金化間28.8kmの運行を開始し、同年の10月には直流1500Vで電化された。

そして1931年7月1日、鉄原~内金剛間全線116.6kmが開業した。開業後は5月から10月にかけての観光シーズンの日・祝日前には朝鮮総督府鉄道からの直通夜行列車が設定され、金剛山観光用の割引切符が発売されるなど活況を収め、東海北部線の開通とも相まって、金剛山は一大観光地へと発展した。金剛山電気鉄道も観光コースの整備を行ったり直営の観光バスを運行したりするなど金剛山観光の振興に努めた。また末輝里から金剛山を越える鉄道を延伸させ、東海北部線に接続する計画もあったが果たせなかった。

金剛山電気鉄道は設立の経緯でも分かるように、有望な電力開発の見込みがあったために鉄道を作る計画が立てられた。そのために鉄道業とともに電力業も兼営しており、鉄道よりも電力で挙げる収益の方が大きかった。やがて戦時体制の強化の中、電力統制の方針によって朝鮮半島内の電力会社の統合が進められ、1942年1月1日、金剛山電気鉄道株式会社は京城電気(当時、京城市電を経営していた)に合併されることとなった。その後、金剛山電気鉄道は京城電気の金剛山電鉄線へと経営主体が変わった。そして、日中戦争太平洋戦争の影響で、1944年には昌道~内金剛間49kmが不要不急路線として廃止され、終戦後、朝鮮半島が北緯38度線を境に南北に分断されたが、当時は全線が北側に位置していた。南北分断から朝鮮戦争までの間は北朝鮮の手で運行されていたが、朝鮮戦争により設備も破壊され、軍事境界線が現在の位置に確定した後、運行路線が分断され、時期不明で消滅した。

現在、平壌の鉄道事跡館に金剛山電気鉄道の電車1両が、金日成が乗車した車両ということで展示されている。『将軍様の鉄道 北朝鮮鉄道事情』(国分隼人著、新潮社、2007年)に掲載されている写真を見ると、同時代の日本の新京阪鉄道P-6形によく似た外観をしている。

金剛山電気鉄道は金剛山観光客の輸送を目的として建設された鉄道なので、観光シーズンである5月~10月とオフシーズンである11月~4月とでダイヤの改正を行うのが恒例となっていた。年によって多少の変遷はあったが、オフシーズンは鉄原~内金剛間には3往復の電車運行であったものを、観光シーズンには1往復増発する形を取ることが多かった。鉄原~内金剛間運行のうち1往復には、二等車三等車のほかに連結していた。他に鉄原~金化、鉄原~昌道間の区間電車もそれぞれ1往復程度あった。全線の所要時間はおよそ4時間~5時間だった。

また金剛山電気鉄道は電気機関車を所有しておらず、貨車の牽引は電車が行っていた。当時、昌道に硫化鉄鉱の大きな鉱山があり、その貨物輸送も金剛山電気鉄道の重要な収入源であった。昌道から運ばれた硫化鉄鋼の多くは興南日窒コンツェルン工場に運ばれていた。

沿革[編集]

  • 1918年大正7年) - 久米民之助、金剛山周辺を視察。
  • 1919年(大正8年)12月16日 - 金剛山電気鉄道株式会社設立。
  • 1920年(大正9年)9月1日 - 水力発電所の工事開始。
  • 1921年(大正10年)9月5日 - 鉄道工事開始。
  • 1923年(大正12年)9月1日 - 関東大震災のため発注した電動発電機焼失。
  • 1923年(大正12年)10月31日 - 鉄原~金化間の鉄道工事竣工。
  • 1924年(大正13年)8月1日 - 鉄原~金化間開業。
  • 1924年(大正13年)10月27日 - 電車運転開始。
  • 1925年(大正14年)11月30日 - 金化~金城間開業。
  • 1926年(大正14年)9月15日 - 金城~炭甘間開業。
  • 1927年昭和2年)9月1日 - 炭甘~昌道間開業。
  • 1928年(昭和3年)6月15日 - 最大の難関である断髪嶺のトンネル工事着工。
  • 1929年(昭和4年)4月15日 - 昌道~縣里間開業。
  • 1929年(昭和4年)9月15日 - 断髪嶺トンネル開通。
  • 1929年(昭和4年)9月25日 - 縣里~花渓間開業。なお開催中の朝鮮博覧会見学のため朝鮮を訪れた観光客のために、花渓~五両間も臨時開業するも、11月5日で一旦休止する。
  • 1930年(昭和5年)5月15日 - 花渓~金剛口間開業。
  • 1931年(昭和6年)5月24日 - 久米民之助社長死去。
  • 1931年(昭和6年)7月1日 - 金剛口~内金剛間開業し金剛山電気鉄道全通 また同時に金剛口駅を末輝里駅と改称。
  • 1931年(昭和6年)8月2日 - 二等旅客扱い開始。
  • 1942年(昭和17年)1月1日 - 金剛山電気鉄道株式会社、京城電気に合併され京城電気金剛山電鉄線となる。
  • 1944年(昭和19年)10月1日 - 昌道~内金剛間が不要不急線として廃止。

路線データ[編集]

1934年現在

  • 路線距離:鉄原~内金剛116.6km
  • 複線区間:なし
  • 電化区間:全線(直流1500V)

駅一覧[編集]

駅名 駅間キロ (km) 累計キロ (km) 接続路線 所在地
日本語 ハングル 英語
鉄原駅 철원역 Cheorwon 0.0 0.0 朝鮮総督府鉄道京元線 大韓民国
江原道
鉄原郡
四要駅 사요역 Sayo 1.6 1.6  
東鉄原駅 동철원역 Dongcheorwon 1.6 3.2  
東松駅 동송역 Dongsong 2.8 6.0  
陽地駅 양지역 Yanji 4.3 10.3  
二吉駅 이길역 Igil 3.9 14.2  
亭淵駅 정연역 Jeongyeon 3.3 17.5  
楡谷駅 유곡역 Yugok 4.0 21.5  
金谷駅 금곡역 Geumgok 3.0 24.5  
金化駅 김화역 Gimhwa 4.3 28.8  
光三駅 광삼역 Gwangsam 4.2 33.0  
下所駅 하소역 Haso 3.3 36.3   朝鮮民主主義人民共和国江原道 平康郡
杏亭駅 행정역 Haengjong 3.8 40.1  
白楊駅 백양역 Paegyang 5.7 45.8   金化郡
金城駅 금성역 Kumsong 5.2 51.0  
慶坡駅 경파역 Kyongpa 3.0 54.0  
炭甘駅 탄감역 Tangam 5.6 59.6  
南昌道駅 남창도역 Namchangdo 6.0 65.6   昌道郡
昌道駅 창도역 Changdo 2.0 67.6  
岐城駅 기성역 Kisong 7.7 75.3  
県里駅 현리역 Hyon-ri 7.4 82.7  
桃坡駅 도파역 Topa 7.3 90.0  
花渓駅 화계역 Hwagye 4.7 94.7  
五両駅 오량역 Oryang 4.6 99.3  
断髪嶺駅 단발령역 Tanballyong 5.5 104.8   金剛郡
末輝里駅 말휘리역 Malhwi-ri 3.2 108.0  
並武駅 병무역 Pyongmu 4.4 112.4  
内金剛駅 내금강역 Naegumgang 4.2 116.6  
  • 駅は全て江原道に位置していた。
    • 鉄原駅~二吉駅の各駅は鉄原郡に位置していた。
    • 亭淵駅は平康郡に位置していた。
    • 楡谷駅~五両駅の各駅は金化郡に位置していた。
    • 断髪嶺駅~内金剛駅の各駅は淮陽郡に位置していた。

参考文献[編集]

  • 金剛山電気鉄道株式会社廿年史 1939年 金剛山電気鉄道株式会社

外部リンク[編集]