平康郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
平康郡
位置
NK-Gangwon-Pyonggang.png
各種表記
ハングル 평강군
漢字 平康郡
発音 ピョンガングン
ローマ字転写 Pyŏngkang kun
テンプレートを表示

平康郡(ピョンガンぐん)は朝鮮民主主義人民共和国江原道に属する郡である。軍事境界線に面している。

地理[編集]

西南には鉄原郡、西に伊川郡、東には金化郡が、北に洗浦郡、北西に板橋郡があり、この郡の南側には軍事境界線が通っており、その南側は韓国統治区域で鉄原郡がある。

歴史[編集]

  • 1953年:休戦協定。この郡の南側を軍事境界線が通るようになった。南面の一部分が韓国、残る大部分は北朝鮮の統治区域となる。
  • 1972年:韓国は南面を鉄原郡に編入。

行政[編集]

1邑49里から構成される。

交通[編集]

この郡を江原線が通じている。もとは京元線と呼ばれ元山市からこの郡を通り京城(現ソウル)に通じていたが、1953年の休戦協定で軍事境界線が月井里駅~平康駅間を通ることとなったため線路は南北に分断され、その後北朝鮮では京元線を江原線と改称され平康駅が終点となった。

外部リンク[編集]