車折神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
車折神社
車折神社本殿
所在地 京都府京都市右京区嵯峨朝日町23
位置 北緯35度00分57秒
東経135度41分21秒
主祭神 清原頼業公
社格 村社
例祭 5月14日
主な神事 三船祭
テンプレートを表示

車折神社(くるまざきじんじゃ)は、京都市右京区嵯峨にある神社である。社名は「車裂」「車前」とも書いた。旧社格は村社で、現在は単立神社

祭神[編集]

祭神は清原頼業(きよはらのよりなり)である。頼業は、学問で有名な清原氏の出であり、自身も平安時代後期の著名な漢学者儒学者であった。大外記の職を長年務め、晩年には九条兼実より政治の諮問を受け、兼実から「その才、神といふべく尊ぶべし」と評された。

歴史[編集]

頼業が文治5年(1189年)に亡くなると、清原家の領地であった現在の鎮座地に廟が設けられた。後に、頼業の法名にちなんだ「宝寿院」という寺が建立され、後に天龍寺の末寺となった。

社名の「車折」については、ある人が牛車に乗ったまま社前を通った所、突然車が裂けてしまったためとも、後嵯峨天皇の大堰川遊幸の際、社前で突然車が前に進まなくなったので、不思議に思って社の者に問うた所、頼業公を祀ると答えがあったので、還御の後に「車折大明神」の神号と正一位の神階を贈ったためともいう。

境内社[編集]

大国主神社
大国主神社
芸能神社
芸能神社
  • 大国主神社
  • 弁天神社
  • 芸能神社

境内社の芸能神社(げいのうじんじゃ)は天宇受売命を祀っており、芸能芸術の分野で活動する人々より崇敬を受けている。

祭事[編集]

例祭は5月14日で、その延長神事として5月第3日曜日に「三船祭」が行われる。昭和天皇即位を記念して1928年(昭和3年)より催行されているもので、嵐山大堰川にて平安時代の船遊びが再現される。

文化財[編集]

頼業の筆によると伝えられる「三略」が重要美術品に認定されている。

画家・富岡鉄斎が一時当社の宮司を務めていた関係から、鉄斎の作品が多数伝わっており、「車軒文庫」として管理されている。また、社名標や本殿の扁額は鉄斎の筆によるものである。

時代劇ロケ[編集]

裏参道
裏参道
かつての二の鳥居
かつての二の鳥居

車折神社は、東映や松竹の撮影所が近くにあることから、映画やドラマのロケによく使用されている。以下は、車折神社で撮影を行った主な時代劇のタイトル。

交通[編集]

外部リンク[編集]