視覚障害者誘導用ブロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
点字ブロック
横断歩道用点字ブロック

視覚障害者誘導用ブロック(しかくしょうがいしゃゆうどうようブロック)は、盲人などの視覚障害者を安全に誘導するために地面面に敷設されているブロック(プレート)である。点字ブロックの名でも知られる。ただし、通常の意味での点字は使われていない。なお、安全交通試験研究センター登録商標第4569872号は、「財団法人安全交通試験(改行)研究センタ-の点字ブロック」であり、「点字ブロック」という登録商標ではない。

同センターの初代理事長である三宅精一が友人の失明をきっかけに1965年に発案・発明し[1]1967年3月18日岡山県立岡山盲学校に近い国道2号(現:国道250号原尾島交差点周辺(現:岡山県岡山市中区)に世界で初めて敷設された[2]。その後、歩道鉄道駅公共施設だけでなく通常の商店の出入り口付近、横断歩道の手前だけでなく車道の横断歩道部分にも設置が進んでいる(「エスコートゾーン」)。また、諸外国の公共施設などでも敷設されているが日本ほど多くはない。

形状[編集]

平行した線が突起になっていて、移動の方向を示す「誘導ブロック(線状ブロック)」と、格子状の点が突起となっていて、注意喚起・警告を促す「警告ブロック(点状ブロック)」の2種類がある。進路が交差したり、曲がったり、行き止ったりする箇所に、点状ブロックが敷き詰められる。

色は、多くは黄色。景観への配慮から以前は灰色なども多かったが、弱視者がブロックの位置を見つけやすいようにするため、黄色への敷き替えが進んでいる。ただし車道の横断歩道部分に使われる場合は、車道を走る車両に配慮して(落下物等と混同しないよう)、横断歩道の標示に溶けこませてある。

駅のプラットホームの線は、かつては白線が引かれているのみであったが、現在では白線に近接したホーム内側に黄色の点ブロックが埋め込まれている。点ブロックのみではひとたび方向を見失った場合にホームの内側と外側を区別できないため、内側に退避するつもりで移動しても線路内に転落してしまうという危険性があるとして、点ブロックの内側にさらに安全側を示す1本線のブロック(ホーム内方線)が追加されたものが増えてきている。ただし高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(通称バリアフリー新法)施行後に開業した新規路線等、プラットホーム建設時からホームドアが設置されている駅ではホームドアによって安全性が確保されているため、ホームの線を示す目的での点字ブロック設置は省略され、乗降口を示す点ブロックがホームドア開口部に設置されている。

JIS[編集]

2001年9月20日に制定された、JIS T9251で、以下のように定められている。

  • ブロックの大きさは1辺30センチ以上
  • 線状ブロックの線は4本以上、点状ブロックの点は5×5以上
  • 点の頂部の直径は12ミリ。線の頂部の幅17ミリ、長さは270ミリ以上。底部はそれぞれプラス10ミリ(両側で)。
  • 点・線の高さは5ミリ。
  • 点の間隔は中心間で55~60ミリ。線の間隔は中心間で75ミリ。
  • 他に、許容差なども定められている。

なお、実際の製品は、30センチのものと40センチのものが多い。線の数はほとんどの場合4本だが、点の数は多いことがある。

問題点[編集]

ブロックの突起が段差となって高齢者など足腰の弱い人がつまづきやすくなり、さらには車椅子の障害になることや、ブロック自体が雨天時や氷結時に歩行者が滑りやすいなどの問題点も指摘されており、改善などが望まれている。また、景観保護条例がある地域などでは周囲の環境と調和する色合いを「デザイン優先」で選ぶため、結果的に本来の目的の一つである、弱視者役に立たない事例は、むしろ近年増えてきている。

鉄道会社や地方自治体の違いによりブロックの種類が複数存在し、中には一つの駅に複数のタイプのブロックが設置されている場合や[3]、突起の数が多いと平らに感じて分かりにくいという声も視覚障害者から上がっている[3]。また、駅のプラットホームで滑り止めを点字ブロックと間違えて、その上を歩いてしまう人もいるという。

視覚障害者ではない者(健常者、四肢障害者、知的障害者など)には視覚障害に無理解・無頓着な人も多く、点字ブロックの上に商品や手荷物が置かれたり、駐車・駐輪されていることも多く、視覚障害者がぶつかったり、白杖で突き倒すトラブルも多い。

諸外国でも敷設されているが国際基準が無く、形・大きさ・色などが国毎に異なっており、景観を重視して分かりにくい場合がある。

新たな視覚障害者誘導用ブロック[編集]

近年では、点字による誘導だけではなく、音声案内を併用する事によって、「どの方向に進めば、どこに行けるか」を、視覚障害者に認知させる商品(ブロックボイス) 「止まれ」のブロック上に一定時間(2秒)停止すると、複数方向に配置されたスピーカー内蔵のブロックから、進行方向にある施設名が音声案内されるようになっている。同商品は、国土交通省・新技術情報提供システム(NETIS)にも登録されており、各地の駅や福祉施設などに、約10年ほど前から採用されるようになっている。

学校機関では四国学院大学香川県善通寺市)が、平成20年9月に全国の大学で初めて導入しており、学生達に障害者への支援や理解を促す試みにもしている[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 松井進『わかる!盲導犬のすべて』101ページ、2004年、明石書店、ISBN 4750320250
  2. ^ (共同通信20100315)
  3. ^ a b 朝日新聞朝刊: p. 37. (2011年2月11日) 
  4. ^ 四国学院大学 2008.

参考文献[編集]

報道
団体(プレスリリース・お知らせなど)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]