藤田義明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
藤田 義明 Football pictogram.svg
名前
愛称 ペロあき
カタカナ フジタ ヨシアキ
ラテン文字 FUJITA Yoshiaki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1983年1月12日(31歳)
出身地 栃木県宇都宮市
身長 180cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム ジュビロ磐田
ポジション DF / MF
背番号 33
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2006.7
2006.7-2010
2011-
ジェフユナイテッド千葉
大分トリニータ
ジュビロ磐田
1 (00)
119 (02)
94 (02)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年1月24日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

藤田 義明(ふじた よしあき、1983年1月12日 - )は、栃木県宇都宮市出身のプロサッカー選手Jリーグジュビロ磐田所属。ポジションはDF右SBCBMFボランチ両WB)。

来歴[編集]

順天堂大学から、2005年にジェフユナイテッド千葉とプロ契約。

千葉ではなかなか出場機会に恵まれず、2006年途中に大分へ期限付き移籍。移籍初年度は4試合のみの出場に留まったが、2007年には第3節でボランチとして先発出場。それ以降は守備的なポジションであればどこでもこなせるマルチぶりを発揮。その活躍によって出場機会が増加し、2008年に大分に完全移籍した。

大分では主にCBや守備的MF(ボランチ)として、さらには右サイドでも出場している。2008年のナビスコカップ決勝では、累積警告で出場停止の鈴木慎吾の代わりに左サイドでも出場した。その活躍ぶりから、ペリクレス・シャムスカ監督時代には監督から「12番目のレギュラー」と言われ、選手層の薄い大分では重宝された。2011年にジュビロ磐田に完全移籍した。

磐田では主にCBとして起用され2011年には不調のイ・ガンジンに変りレギュラーを獲得し自己最多タイとなるリーグ戦31試合に出場し、チームの通算得失点差を4年ぶりプラスにするなど守備面で大きく貢献した。

人物[編集]

は元ワンギャルで、元ベイエフエムDJの井川絵美

妻が『ジャンクSPORTS』に出演した際に、イケメンと紹介されるなどルックス面での人気もある。またかなりの天然ボケで、妻に「来年(の干支)は何年?」と聞かれて、『クマ年』と答えてしまったことをいじられている。妻のブログに頻繁に登場する。

AKB48が好きと雑誌などで話している。好きなメンバーは、HKT48宮脇咲良[1]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2005 千葉 26 J1 1 0 0 0 0 0 1 0
2006 0 0 0 0 - 0 0
大分 33 4 0 - 0 0 4 0
2007 31 2 5 0 2 0 38 2
2008 26 0 11 0 1 0 38 0
2009 28 0 6 0 2 0 36 0
2010 J2 20 0 - 2 0 22 0
2011 磐田 J1 31 1 4 0 1 0 36 1
2012 31 1 3 0 2 0 36 1
2013 32 0 5 0 2 0 39 0
2014 J2 -
通算 日本 J1 184 4 34 0 10 0 228 4
日本 J2 20 0 - 2 0 22 0
総通算 204 4 34 0 12 0 250 4

その他の国際公式戦

脚注[編集]

  1. ^ Jリーグサッカーキング 2014年8月号

関連項目[編集]

外部サイト[編集]