葉月絵理乃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
はづき えりの
葉月 絵理乃
プロフィール
愛称 えりえり、えりしー、えりーん
性別 女性
出生地 日本の旗 日本東京都[要出典]
生年月日 1975年8月3日(39歳)
血液型 A型[要出典]
身長 164 cm[要出典]
所属 アクセント
配偶者 あり[1][2]
活動
活動時期 2002年 -
デビュー作 木枯えりの(『七人のナナ』)
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

葉月 絵理乃(はづき えりの、1975年[要出典]8月3日 - )は、日本女性声優ナレーターアクセント所属。

東京都出身。身長164cm。血液型A型。愛称は「えりえり」[注 1]、「えりしー」、「えりーん」など。

経歴[編集]

中学では小さい頃から菓子作りが好きだったことから家庭科部に入部しケーキや菓子をよく作っていた。高校は女子校で、友人に連れられて芝居を観に行ったことがきっかけになり演劇部に入部した。3年生のときの文化祭では脚本も担当したが、それまでの評判から初日は閑古鳥が鳴いた。しかし「今回は素晴らしい」と口コミで広がり、翌日は満席となった。高校卒業後は、読書や朗読が好きだったこと、槇大輔のナレーションをテレビで聞いたことなどから役者よりもナレーターを目指す。

下積み時代のアルバイトは時給の良さからパソコンのデータ入力をよくしていた。結婚式場で事務系のアルバイトをしていたとき、新婦のモデルを度々任されたという。ウエディングドレスを着たり結婚式を何度も経験したため、式自体には憧れはないと話す。

一時期神谷明冴羽商事に所属、冴羽商事退所後はフリーになるが『七人のナナ』への出演決定を機にアクセントの所属になる。アニメ『ARIA』シリーズのヒロイン・水無灯里役に抜擢され、多くの人にその名が知られるようになる。ほんわか・やんわりとした声が魅力。

人物[編集]

中学時代から寝る前に『JET STREAM』を毎晩聴いていたが、城達也の降板を機に聴かなくなったという。

趣味はアロマテラピー、ティータイムなど。特技はタロット占い、アロマテラピーマッサージなど[3]JNAネイリスト技能検定1級の資格を持つ。

アニメ『ARIA』シリーズ担当以前は年齢がハッキリされていなかった(『檜山修之のあにめじ湯』にゲスト出演した際にも「そんなに若くないので…」と言っていた)が『ARIA The STATION Due』で西村ちなみからチームサーティの仲間だと言われたことから30代であることが判明。その後、同番組内の誕生日祝い[4]で葉月本人が「チームサーティー+1」と認めてからは実年齢を隠すことは減った。

野球に全く興味がなく、トンチンカンな発言で野球好きな人に呆れられることも。その例として西村ちなみから「えりえり、捕手って分かりますか?」と聞かれ「ベンチ」と答えて「もうっっお前こそベンチに帰れ!」と言われたことがあった[5]。さらに「ピッチャーとキャッチャー2人合わせて何と言う?」に対して「知らねぇよ」と前置きした挙句に「キャッチボール!」と答え、「今日からアルプス(スタンド)です!」と「降格宣告」された。しかも、その宣告にさえも「南アルプス…?」と答え、西村ちなみを呆然とさせた[6]。『ARIA The STATION Due』第33回で、それまでは秘密にしていた木村拓哉の大ファンであることを暴露した。

永住したいほどハワイが大好き。ただし泳ぐことはしないという。シーズーを飼っていて、名前は幸運を呼び込む石ラピスラズリからとったラピス。12歳(2007年2月現在)。毎日のように散歩へ連れて行ったり、週1回必ず風呂に入れるなど溺愛している。

出演作品[編集]

太字はメインキャラクター

テレビアニメ[編集]

2002年

2004年

2005年

2006年

  • ARIA The NATURAL(水無灯里
  • 牙 -KIBA-(エルメイダ、ジュレ、アイシャ)
  • となグラ!神楽まりえ

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2013年

OVA[編集]

2007年

2009年

2010年

劇場アニメ[編集]

2004年

ゲーム[編集]

2001年

  • AI麻雀2002(女性)

2002年

2004年

  • 召しませ浪漫茶房(吹月葵)

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

  • あかね色に染まる坂 ぽーたぶる(橘ミコト
  • L2 Love×Loop(ノア)

2012年

ラジオ[編集]

CD[編集]

  • ARIA The ANIMATION ドラマCD I BLUE / II RED / III ORANGE(水無灯里)
  • ARIA The NATURAL ドラマCD I / II・Vocal Song Collection(水無灯里・後期エンディング主題歌『Smile Again』 / ウンディーネ娘 feat.アリア社長『でっかいシアワセです』)
  • ARIA 〜ピアノ・コレクション〜 スタジオーネ -季節-(水無灯里)
  • 裏切りは僕の名前を知っている2 ドラマCD(吉野栞)
  • 桜蘭高校ホスト部 ドラマCD(伽名月麗子)
  • おひざで寝るの! 〜autunno intermezzo〜(木暮夕奈[9]
  • 今日の5の2 ドラマCD 第1巻(男子生徒)
  • 今日の5の2 ドラマCD 第2巻(田中ハルカ)
  • 紅心王子 ドラマCD(小梅田花
  • サナリカ おはなしCD ふたつめ(笠倉花梨
  • となグラ! ドラマCD 神楽家SIDE / 有坂家SIDE・となりぐらしDiscography!・キャラクターミニアルバム『まりえ&ニーナ』・オープニング主題歌シングル(神楽まりえ・キャラクターソングまりえ『estate』 / まりえ&初音『問:純愛ですか?』・キャラクターソングまりえ『ひとりごと』・香月&初音&まりえ&ニーナ&ちはや『DRAMATIC☆GIRLY』 / まりえ&ニーナ『唐突フレンドリー』)
  • 放課後保健室 ドラマCD(藤島紅葉)
  • 百歌声爛 -女性声優編II-(2009年1月23日)

イベント[編集]

2000年

  • S@VAフェスタ2000(冬) / JAM STATION & ANICOMTV LIVE

2005年

2006年

  • ARIA The NATURAL『DVD発売記念イベント』(池袋・秋葉原)
  • サイン会(ジーストア名古屋・大阪&ジーゾーン神戸三宮)
  • 渋谷アニメ祭り
  • すたちゃまにあ全員集合! 〜春の公開録音〜
  • 東京国際アニメフェア2006(ARIA&サイン会)

2007年

  • ARIA The OVA 〜ARIETTA〜発売記念イベント「La festa di ARIA」(築地)
  • ARIA The CONCERT(日本青年館)

実写[編集]

雑誌[編集]

ナレーション[編集]

※ 企業関係多数

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ARIA』の現場で西村ちなみをはじめとしてこちらで呼ばれていたこともあり『ARIA』以降はこちらで呼ばれることの方が多い。

出典[編集]

  1. ^ ハッピーウェディング - 西村ちなみのブログ 2014年2月23日付
  2. ^ 『ARIA』声優の葉月絵理乃、結婚していた - eltha 2014年2月24日付
  3. ^ アクセント http://aksent.co.jp: 葉月絵理乃”. アクセント. 2013年4月22日閲覧。
  4. ^ ARIA The STATION Due. 音泉BEWEアニメイトTV. 2006-08-03(#18)放送. 2013年4月22日閲覧。
  5. ^ ARIA The STATION Due. 音泉、BEWE、アニメイトTV. 2006-09-07(#23)放送. 2013年4月22日閲覧。
  6. ^ ARIA The STATION Due. 音泉、BEWE、アニメイトTV. 2006-09-14(#25)放送. 2013年4月22日閲覧。
  7. ^ スタッフ・キャスト”. たまゆら ~もあぐれっしぶ~. 2013年5月29日閲覧。
  8. ^ テレビ未放送分第13話。DVD第6巻に収録。
  9. ^ キャスト”. おやすみなさいは一度だけシリーズ. 2013年8月15日閲覧。

外部リンク[編集]