タロット占い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
屋外で行われるタロット占い。

タロット占い(タロットうらない)は、タロット(タローカード)を用いた占いの一種。

概要[編集]

タロット占いには、大アルカナと呼ばれる22枚のカードだけを使う方法と、小アルカナと呼ばれる56枚のカードも合わせて計78枚で占う方法がある。少々特殊ではあるが、小アルカナのみを使う占いもある。

まずカードを裏向きにして机の上に置きシャッフルする。そしてシャッフルしたカードの中から数枚を引いて机の上に並べる。カードの並べ方には様々なものがあり、カードの並べ方のことをスプレッドと呼ぶ。

それぞれのカードには意味があり、カードの絵柄がそれを表している。ここから占い結果を読み取る(リーディング)。カードの名称から辞書的に意味を調べるだけでなく、カードに描かれている光景を基に意味を感じ取ることも必要である。カードの意味は正位置(上下の向きが正しい状態)・逆位置(上下逆さまの状態)で意味が変わってくる。正位置はカードの本来の意味を表し、逆位置は別の捉え方をしたものである。原則として、正位置の意味はカードの善・陽の部分(例:戦車 前進)、逆位置の意味は悪・陰の部分(例:戦車 暴走)として解釈がなされる。ただし正位置・逆位置の区別を行わないタロットデッキ(近年新たな解釈で創作されたカードには、位置の正逆を採らない物もある)や占い師も存在し、カードの意味は占い師によって解釈が大きく異なる場合がある。

タロット占いは、その特性上「明日の運勢は?」などのような抽象的なテーマを占うのには向いておらず、占う内容を具体的に絞り込む必要がある。恋愛相談や進路相談などカウンセリング的な要素を含む占いに適していて、根強い人気がある[要出典]

ただし、大アルカナを使用し任意の1枚を抜き出しおみくじ的に単純な吉凶を占う方法は広く行われている。

シャッフル[編集]

一般的に、タロット占いにおいてカードを混ぜる行為を「シャッフル」と呼称する。通常のシャッフルでは、先述の通り正位置と逆位置が重要であり、テーブルなどにカードを広げ、両手でかき混ぜるようにしてカードの向きがバラバラになるようにシャッフルする。

このシャッフルも、占い師によって様々な方法が採られており、占い師だけがカードに触ってシャッフルを行う場合、相談者もシャッフルに参加する場合、シャッフル後にカードを切る場合、トランプ等と同様にカットだけに留める場合、特にシャッフルを行わず相談者の話を聞きながら常にカードの順序や向きを入れ替える場合など、特に統一された方法は存在していない。

スプレッドの種類[編集]

主なスプレッド(展開法)を記載する。また記載されたものは一例であり、下記以外のスプレッドも無数に存在する。

名称 解説
フォーチュン・オラクル法 V字型に7枚、その中央に3枚。
セブン・テーリング法 7枚の予言。対人関係に向く。
ケルト十字法 悪魔の10カード、大十字架占いともいう。
ホロスコープ法 黄道十二宮のように12のジャンルに分けカードを配列。
ヘキサグラム法 六芒星(ヘキサグラム)のようにカードを配列。
変形ヘキサグラム法 ヘキサグラム法を12枚に増やし、過去からの流れを明確にした展開法。
大三角の秘宝法 3枚のカードを3角に配置、キーカードも1枚配置
二者択一展開法 V字型に5枚配置
ファランクス法 16枚のカードを4×4で配置(小アルカナの人物カードのみを使用)
大ピラミッド法 最下段12枚、上に行くに従い11、10...最後は1枚と配置。
グレゴリウス法 10枚を3段(月の日数による)、さらにその右横に1枚ずつ、さらにその右横に1枚ずつ配置
陰陽法 2枚のカードを縦に配置

カードの意味[編集]

詳細については、「大アルカナ」「小アルカナ」を参照のこと。

番号 名称 正位置 逆位置
0 愚者 冒険、無知  軽率、愚考 
I 魔術師 創造、手腕  臆病、詐欺 
II 女教皇 知識、聡明  残酷、身勝手 
III 女帝 豊穣、母性  過剰、虚栄 
IV 皇帝 責任、父性  傲慢、尊大 
V 教皇 教え、寛大  狭量、怠惰 
VI 恋人 恋愛、快楽  嫉妬、裏切り 
VII 戦車 前進、勝利  暴走、挫折 
VIII ※1 力、勇気  本性、自惚れ 
IX 隠者 探索、思慮深さ  陰湿、閉鎖的、貪欲 
X 運命の輪 チャンス、一時的な幸運  誤算、不運 
XI 正義 ※1 バランス、正当  偏見、不正 
XII 吊された男 自己犠牲、忍耐  無意味な犠牲、盲目 
XIII 死神 ※2 停止、損失  死からの再生、やり直し 
XIV 節制 調和、堅実  浪費、不安定 
XV 悪魔 邪心、束縛、堕落  悪循環からの目覚め 
XVI 破壊、破滅  必要とされる破壊 
XVII 希望、憧れ  幻滅、悲哀 
XVIII 不安、曖昧、混沌  不安の解消、明瞭、混沌の終り 
XIX 太陽 輝く未来、満足  延期、失敗 
XX 審判 復活、改善  再起不能、後悔 
XXI 世界 完成、完全  未完成、中途半端 
※1:VIIIの「力」とXIの「正義」はマルセイユ版などの伝統的なものでは入れ替えて描かれている。
※2:XIIIのカードは「無記名」とする場合がある。

関連項目[編集]

代表的なタロット占い師[編集]

ソア (タロット研究家) - タロット鑑定を11年(2014年)、オラクルカードに精通した鑑定を主とし、多岐にわたった鑑定技術をあわせ持つ日本のタロット研究家