義本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

義本(ぎほん、1206年? - 没年未詳、在位:1249年 - 1259年)は、『中山世譜』など琉球の歴史書に登場する王。神号は熈継。

概要[編集]

舜天王統最後の王であり、先代の舜馬順煕の子である。

義本の在位中に、沖縄本島で天災や疫病が発生し、責任を取って当時摂政であった英祖に譲位する。その後の義本の消息は不明。

花崎家には義本王の直系子孫であるという口承が伝わっている。

家族[編集]

  • 父:舜馬順煕
  • 母:不詳
  • 妃:不詳
    • 世子:不詳

関連項目[編集]