舜馬順煕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

舜馬順煕(しゅんばじゅんき、1185年? -1248年? 在位:1238年 - 1248年)は、『中山世譜』など琉球の歴史書に登場する王。

概要[編集]

舜天王統の2代目で、先代の舜天の子であり、次代の王である義本は舜馬順煕の子であると伝えられている。また、国政に関しては、中山世譜に『父王の跡をついで国を治め国政も安泰であった。』と記されている。

略歴に関しては全く分かっておらず、舜馬順煕含め、舜天王統は、伝説ではないか、とする説もある。

家族[編集]

関連項目[編集]