尚永王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
尚永王
琉球国王
在位 1573年 - 1588年
全名 尚永
神号 英祖仁耶添按司添、または日豊操王
出生 1559年
琉球国首里
死去 1589年1月11日
琉球国首里
埋葬 1588年
琉球国首里玉陵
王世子 尚寧
配偶者 別記
子女 別記
王家 第二尚氏
王朝 第二尚氏王統
父親 尚元王
母親 真和志聞得大君加那志
テンプレートを表示

尚永王(しょうえいおう、1559年嘉靖38年) - 1589年1月11日万暦16年11月25日))は、琉球王国第二尚氏王統の第6代国王。第5代国王・尚元王の第2王子(在位:1573年-1588年)。

幼名は阿応理屋恵(あおりやえ)王子。1572年(隆慶6年)に父王が薨じると、その長男:尚康伯・久米具志川王子朝通が正妃の子でなかったため、次男であった尚永が即位した。1579年には王朝から冊封を受ける。政務に特に見るべきところもなく、1589年1月11日(万暦16年11月25日)に30歳の若さで早世した。嗣子が無かったため、小禄御殿4世の尚寧王尚真王の長男・浦添王子朝満の曾孫。母は尚永王の妹)が後を継いだ。

神号は英祖仁耶添按司添(えぞにやすえあじおそい)、または日豊操王。

家族[編集]

  • 父 - 尚元王
  • 母 - 真和志聞得大君加那志
  • 妃 - 島尻佐司笠按司加那志:童名・真満金、号・神功。父は向氏与那覇殿内一世北谷王子朝理。
  • 夫人
    • 前東之按司
    • 西之按司
  • 子女
    • 長女 - 阿応理屋恵按司加那志:童名・真銭金、号・南叢、尚寧王に嫁ぐ。母は妃。
    • 次女 - 聞得大君加那志:号・月嶺、母は妃。小禄御殿支流四世大里王子朝長に嫁ぐ。

登場作品[編集]