尚育王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
尚育王
琉球国王
King Sho Iku.jpg
尚育王の御後絵毛長禧画、1852年
在位 1835年 - 1847年
全名 尚育
名乗 朝現[1]
烏帽子親 毛廷勷・池城親方安昆[2][3]
出生 1813年8月19日
Flag of Ryukyu.svg 琉球国首里
死去 1847年10月25日(34歳)
Flag of Ryukyu.svg 琉球国・首里
埋葬 1847年
Flag of Ryukyu.svg 琉球国・首里玉陵
王世子 尚泰
配偶者 佐敷按司加那志
子女 別記
王家 第二尚氏
王朝 第二尚氏王統
父親 尚灝王
母親 具志川按司加那志
テンプレートを表示

尚育王(しょういくおう、1813年嘉慶18年)8月19日 - 1847年道光27年)10月25日)は琉球第二尚氏王朝第18代国王。在位1835年 - 1847年尚灝王の子で、琉球最後の国王尚泰の父。童名は思徳金(うみとくがね)。

父・尚灝王が亡くなった1835年(道光15年)に22歳で即位する。但し尚灝王の体調不良により(通説では精神病を患ったとされる)1828年(道光8年)に摂位し、15歳で実質的な王位に就いた。士族の教育の為の学校を作るなど学問分野において力を入れるが、同時に財政が逼迫する。その中、わずか34歳で死去。

在位中、1844年(道光24年)、フランス海軍が那覇へ来航すると、フランス側の要求で貿易と宣教師テオドール=オギュスタン・フォルカードを滞在させて布教するのを許可した。1846年(道光26年)、フランスから開国を迫られ、入港を許可し、フランス海軍はフォルカードを伴い、帰国したという。同年、英国海軍が入港し、宣教師ベッテルハイムが逗留した。翌1847年(道光27年)、キリスト教の宣教師が滞在していたことを薩摩藩に報告した。

家族[編集]

  • 尚灝王
  • 母 具志川按司加那志
  • 妃 佐敷按司加那志(童名・思真鶴金、号・元貞。嘉慶19年10月20日 - 同治3年12月17日。豊見城御殿7世・豐見城王子朝春の女)
  • 夫人 真南風按司(童名・真牛金。道光4年9月15日生。向氏多嘉良殿内7世・多嘉良親方朝清の女)
  • 子女
    • 長男 尚濬・中城王子(童名・思五郎金。道光12年7月18日 - 道光24年8月21日。早世)
    • 次男 尚泰・中城王子朝憲(母は妃の佐敷按司加那志。のち即位する)
    • 三男 尚弼・今帰仁王子朝敷(童名・思樽金。母は真南風按司。道光27年6月4日 - 大正4年8月11日。今帰仁御殿元祖)
    • 長女 国場翁主 (童名・真鍋樽、号は妙香。道光10年5月3日生)
    • 次女 末吉翁主(童名・真牛金。母は真南風按司。道光18年5月28日生。与那城御殿8世・与那城按司朝知に嫁ぐ)
    • 三女 上間翁主 (童名・恩真松金。母は真南風按司。道光21年3月15日生。馬氏国頭御殿14世・国頭按司正全に嫁ぐ。)
    • 四女 兼城翁主(母は真南風按司。道光22年11月20日生。向氏幸地殿内14世・幸地親方朝常に嫁ぐ)
    • 五女 照屋翁主(童名・真嘉戸樽、母は真南風按司。道光24年11月10日生。向氏森山殿内13世・森山親方朝盛に嫁ぐ)

脚注[編集]

  1. ^ 王代記』、53ページ
  2. ^ 王代記』、58ページ
  3. ^ 中山王府相卿伝職年譜』、17ページ