与那城御殿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
与那城御殿
No image available.svg
丸に左細三つ巴
本姓 向氏第二尚氏
家祖 宜野湾王子朝義
種別 琉球王族
出身地 琉球王国首里
主な根拠地 琉球王国・首里
著名な人物 与那城王子朝紀
支流、分家 喜久山家、屋嘉比家
凡例 / Category:日本の氏族
ペリー提督と会見する総理官・尚宏勲こと、与那城王子朝紀(当時、仲里按司朝紀)、1853年。

与那城御殿(よなしろ、よなぐすくうどぅん)は、尚質王の七男・尚弘善、宜野湾王子朝義(1658年6月3日(順治15年5月3日) - 1694年6月1日(康煕33年5月9日))を元祖とする琉球王族第二尚氏の分家で琉球王国大名。琉球王国末期に与那城間切(現・うるま市与那城地区)の按司地頭を務めたことから与那城御殿と呼ばれる。

与那城御殿は、領地替えにともない何度か家名が変わっている。7世・朝武が早世したため、分家の小波津家から与那城王子朝紀を養子に迎えた。朝紀ははじめ仲里按司朝紀と称したが、1861年摂政に任命され与那城王子と称した。8世・朝知のときに廃藩置県を迎えた。

系譜[編集]

  • 1世・尚弘善・宜野湾王子朝義
  • 2世・不詳
  • 3世・向文明・玉川按司朝雄
  • 4世・尚全徳・玉川王子朝計
  • 5世・向天保・玉川按司朝英
  • 5世・玉川按司朝愛
  • 6世・向思謙・玉川按司朝祥(与那城御殿支流、向氏小波津殿内5世・小波津親方朝虎の五男。朝愛の養子となる。実父朝虎は4世・朝計の息子で小波津家へ養子。)
  • 7世・波平按司朝武
  • 8世・与那城王子朝紀
  • 8世・与那城按司朝知
  • 9世・与那城朝俊

参考文献[編集]

  • 沖縄県氏姓家系大辞典 編纂委員会 『沖縄県氏姓家系大辞典』 角川書店、1992年(平成4年)。ISBN 978-4040024707
  • 宮里朝光(監修)、那覇出版社(編集) 『沖縄門中大事典』 那覇出版社、1998年(平成10年)。ISBN 978-4890951017
  • 比嘉朝進 『士族門中家譜』 球陽出版、2005年(平成17年)。ISBN 978-4990245702

関連項目[編集]