尚寧王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
尚寧王
琉球国王
King Sho Nei.jpg
尚寧王の御後絵向元瑚画、1796年
在位 1589年 - 1620年
全名 尚寧
神号 日賀末按司添
出生 1564年
死去 1620年10月14日
埋葬 1620年
琉球国浦添ようどれ
王世子 尚豊
配偶者 首里大君按司加那志
子女 なし
王家 第二尚氏
王朝 第二尚氏王統
父親 尚懿
母親 首里大君按司加那志
テンプレートを表示

尚寧王(しょうねいおう、1564年嘉靖43年) - 1620年10月14日万暦48年/泰昌元年9月19日))は琉球王国第二尚氏王統第7代目の国王。在位1589年 - 1620年

概要[編集]

王家分家である小禄御殿3世、尚懿・与那城王子朝賢(第2代尚真王の孫)の長男で、尚永王の娘婿。童名は思徳金。神号:日賀末按司添(てだがすえあんじおそい)。

前国王の尚永王には男子がなかったため、小禄御殿4世の尚寧王があとを襲った。なお、この時代は後世の御殿(王家分家の称号)という概念はまだ未発達だったと考えられ、その本拠地から尚寧王一族を、尚清王の家系(首里尚家)に対して「浦添尚家」と呼称する文献もある[1]

尚寧在位中の1609年万暦37年、慶長14年)に薩摩藩島津氏侵攻され、降伏した。以後、琉球は日本(薩摩藩)との二ヶ国に両属することになる。尚寧王は薩摩藩によって江戸に連行され、征夷大将軍の徳川秀忠に謁見、後に琉球に戻った。

慶長18年(1613年)、薩摩藩に奄美群島を割譲した。

第二尚氏の陵墓は玉陵であるが、尚寧王は浦添ようどれに葬られているとされる。このことについて、薩摩の侵攻を受けたことを恥じ入り王家の陵墓に入らなかったともいわれるが、これは俗説で、実際は自らが生まれた浦添の地に戻ったものである。

家族[編集]

  • 父 - 尚懿
  • 母 - 首里大君按司加那志
  • 妃 - 阿応理屋恵按司加那志:童名・真銭金、号・蘭叢。生年不伝 - 1663年9月8日(康煕2年8月7日)。尚元王長女。
  • 夫人
    • 西之按司:童名・真鍋樽金、号・西月。生年不伝 - 1604年9月16日(万暦32年8月23日)。傳氏一世佐辺親方厚旨の娘。
    • 安谷屋大按司志良礼:童名・真鍋樽金、号・涼月。1561年(嘉靖40年) - 1634年6月1日(崇禎7年5月6日)。章氏安谷屋親雲上の娘。

伝承[編集]

  • 殷氏真鶴金(殷氏二世庸昌長女)との間の落胤が允氏具志堅家太宗・具志堅親雲上用易であるという伝承がある。

脚注[編集]

  1. ^ 上里隆史『琉日戦争一六〇九』ボーダーインク、2009年、109頁参照。

登場作品[編集]

関連項目[編集]