相内誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
相内 誠
埼玉西武ライオンズ #71
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県旭市
生年月日 1994年7月23日(19歳)
身長
体重
185 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2012年 ドラフト2位
年俸 700万円(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

相内 誠(あいうち まこと、1994年7月23日 - )は、埼玉西武ライオンズに所属するプロ野球選手投手)。2014年からの登録名は(まこと)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校4年生から野球を始め、天羽中(富津市)時代は軟式野球部に所属。家庭の事情で中学から児童養護施設で育ち、千葉国際高等学校では1年夏からベンチ入り。2年夏の松戸馬橋戦では、初回先頭打者から9連続奪三振を記録。 3年夏は3回戦で敗退するも、球速は最高143キロを記録。 ストレートの切れがあり、多彩な変化球を持っており、「房総のダルビッシュ」の異名で注目を集め、2012年のドラフトで埼玉西武ライオンズより2位で指名された。また、施設出身という生い立ちからTBSのドキュメント番組「ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう」で特集された。

2012年11月16日に契約金7,000万円、年俸700万円、背番号は監督の渡辺久信が現役時代に付けていた41で仮契約を結んだ。しかし、同年12月4日に東京湾アクアライン木更津金田IC付近を走行中に道路交通法違反(無免許運転および速度超過)で千葉県警に摘発され、これを受けて高校側は7日に相内を無期限謹慎処分としたことを発表した[1]。そのため入団手続きは凍結されることになり、12月13日に行われた新人の入団会見も欠席した。2013年1月初旬に無期限謹慎から学校内謹慎に変更され、その後は個別に授業を受け自主練習に励んでいた[2]

当初球団側は司法判断を待って入団手続きの凍結を解除する方針であったが、2013年2月に行った数回の面談の結果から十分反省していると判断し、また謹慎処分が解除されて3月2日に高校を卒業したことから、3月9日に翌10日に入団交渉を行うと発表[3]。10日に正式契約を結んで[4]翌日に支配下選手登録された。契約金は仮契約の時と同じであるが、年俸は2月の1か月分が差し引かれて10%減の630万となり、背番号も71に変更された。3月28日、千葉家庭裁判所木更津支部にて保護観察処分を受ける[5]

プロ入り後[編集]

上記のような入団経緯のため、入団後しばらくは実戦から遠ざかっていたが2013年8月7日フューチャーズ戦でプロ入り初登板を果たした[6]。9月に保護観察処分が明け、同年11月27日に2014年シーズンから登録名を「」に変更すると発表された[7]。なお、同名の登録名を使用したプロ野球選手は、1996年から1999年まで使用した萩原誠(当時・阪神タイガース大阪近鉄バファローズ)、2001年から2002年まで使用した佐藤誠(当時・福岡ダイエーホークス)以来3人目となる。

しかし、2014年1月14日、球団公式ホームページの意見欄に、相内が未成年にも拘らず飲食店で飲酒をしているという投書があり、球団が本人に事情聴取したところ、事実と認め、さらに2013年11、12月にも東京都内で飲酒ならびに喫煙もしていたことを白状し、2度目の不祥事が発覚した。球団は同年1月22日付で相内に対し6カ月間の対外試合出場停止等の処分を課し、併せて夜間外出禁止や、ユニホーム着用禁止なども検討、同年2月1日から開始される春季キャンプについては、B班(2軍)帯同とすることとした[8][9]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 71 (2013年 - )

登録名[編集]

  • 相内 誠(あいうち まこと、2013年)
  • (まこと、2014年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]