北鉄奥能登バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
奥能登観光開発から転送)
移動: 案内検索
北鉄奥能登バス株式会社
Hokutetsu Okunoto Bus
HokutetsuOkuNotoBus 20-876.jpg
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 北鉄奥能登バス
本社所在地 日本の旗 日本
石川県輪島市杉平町蝦夷穴70
設立 2008年平成20年)4月1日
業種 陸運業
事業内容 一般乗合旅客自動車運送事業、
一般貸切旅客自動車運送事業
主要株主 北陸鉄道
テンプレートを表示

北鉄奥能登バス株式会社(ほくてつおくのとバス)は、石川県輪島市にある北陸鉄道グループのバス会社。

概要[編集]

歴史[編集]

奥能登地方における乗合自動車は、大正時代から個人事業者の営業はあったが、1935年昭和10年)に運行を開始した省営バスを除くと、北陸鉄道発足以後も旧門前町を除くと輪島 - 木の浦、輪島 - 宇出津など能登半島外浦を中心にわずかな路線にとどまり、能登半島定期観光バスも国鉄バスとの共同運行だった。

1979年(昭和54年)に能登方面特急バス(輪島特急)の運行が開始されると、利便性の高さから好評となって増発され、さらに能登有料道路が延長されると、1990年平成2年)以降、珠洲市への「珠洲特急」、能都町(現能登町)への「宇出津真脇特急」が運行されるようになった。

そのように新しい路線が運行される反面、ローカル路線は乗客減少に悩まされており、不採算路線維持のために北陸鉄道本体から分離して子会社化することになった。1989年平成元年)には、門前営業所を本社に能登中央バスを設立して運行を開始した。2001年(平成13年)にはのと鉄道七尾線(穴水 - 輪島)廃止に伴い、代替バスの運行を開始している。

奥能登観光開発は、もともと奥能登地区でレストランを経営する北陸鉄道の関連会社であったが、道路拡張による大崎島レストハウスの廃業後は、土産物の通信販売等を主に行っていた。2000年(平成12年)に業態を転換、北陸鉄道から奥能登地区の路線の譲渡を受けて路線バス運行を開始したが、業態転換後も社名が変更されなかったため、一見しただけではおよそバス会社らしからぬ社名になっていた。

2002年(平成14年)には、地方路線からの撤退を進めていた西日本JRバスは、穴水支所・能登飯田派出所を閉鎖し、運行していたJRバス奥能登線の宇出津 - 飯田 - 木の浦を奥能登観光開発に、穴水 - 宇出津を能登中央バスに譲渡して撤退している。

さらに2005年(平成17年)には、全線を廃止したのと鉄道能登線の代替バスを運行することになり、結果的に能登半島の奥能登地区の公共交通は北陸鉄道グループのバス路線に一元化された。その中で2008年(平成20年)、北陸鉄道はグループ会社の再編の一環として奥能登観光開発と能登中央バスを統合、旧能登中央バスを存続会社として北鉄奥能登バスを設立、営業を開始した。

現状[編集]

珠洲市、輪島市、鳳珠郡能登町および穴水町に路線バス、また金沢市中心部との間には北陸鉄道から譲り受けた形で特急バス路線を他には貸切バスを運営している。 なおのと里山海道を経由する輪島特急旧名奥能登特急)は、JR金沢駅 - 輪島駅前間を最短2時間2分で結ぶ。

また車両に関しては、親会社の北陸鉄道や他地区からの移籍車を長年にわたって使用してきたが、のと鉄道能登線の廃止に伴い、代替輸送を担うべく車両を一部更新し、ノンステップバスや最新の大型バスをいち早く一般路線に投入した。

なお定期観光バス「おくのと号」は、1961年(昭和36年)5月に、国鉄バスとの共同で運行を開始した。1980年代には、石川さゆりのレコード「能登半島」の大ヒットによる能登観光ブームが起こり、繁盛した時期もあった。ブーム終焉以後は乗客が減少し、1995年(平成7年)3月には共同運行を行っていた西日本JRバスが定期観光を休止(事実上の廃止)し、北陸鉄道担当便も2003年(平成15年)7月、能登空港開港時に姿を消した。 「おくのと号」の廃止後は代わって能登空港発の「のと恋路号」(前身は「のとさいはてめぐり号」)および和倉温泉発の「のとフライト号」(担当は北鉄能登バス)が運行され、能登半島の観光振興に貢献してきたが、「のと恋路号」は思うように乗客が伸びず、2010年(平成22年)3月31日の運行を最後に廃止された。なお「おくのと号」の路線・寄留地を一部継承した「のとフライト号」は、北鉄能登バスにより現在も運行されている。

運行路線一覧[編集]

一般路線バス[編集]

  • 穴水線: 穴水駅前 - 穴水此の木 - 門前
  • 太田原線: 穴水駅前 - 太田原 - 鵜川駅前 - 宇出津駅[1]
  • 鹿島線: 穴水駅前 - 能登鹿島 - 曽福
  • 高校線: 穴水駅前 - 城山住宅 - 穴水高校前 - 穴水駅前(循環線[1]
  • 唐川線: 穴水駅前 - 穴水此の木 - 上唐川
  • 穴水輪島線: 穴水総合病院 - 穴水駅 - 穴水此の木 - 市の坂 / 能登空港 - 輪島駅前 - 塚田
  • 輪島線: 輪島駅前 - 二俣 - 門前(2009年(平成21年)4月16日より一部の便が輪島病院乗り入れ)
  • 空熊線: 輪島駅前 - 二俣 - 空熊
  • 西保線: 輪島駅前 - 小池 / 細田 - 上山口 - 雑座
  • 町野線: 輪島駅前 - 塚田 - 名舟 - 曽々木口 - 町野 - 柳田 - 天坂 - 上町 - 宇出津駅前
  • 三井線: 三井駅前 - 小淵橋 - 上与呂見
  • 久川線: 門前 - 池田 - 剱地 - 久川
  • 小山線: 門前 - 池田 - 山是清
  • 皆月線: 門前 - 皆月 - 五十洲
  • 穴水宇出津A線: 穴水総合病院 - 穴水駅前 - 比良 - 沖波 - 鵜川駅
  • 穴水宇出津B線: 穴水総合病院 - 穴水駅前 - 東岩車 - 沖波 - 鵜川駅前 - 宇出津駅前
  • 穴水珠洲A線: 穴水総合病院 - 穴水駅前 - 比良 - 明千寺 - 鵜川駅前 - 宇出津駅前 - 珠洲鉢ヶ崎
  • 穴水珠洲B/C線: 穴水駅前 - 宇出津駅前 - 珠洲鉢ヶ崎(経由地が変わる亜種便、また区間便、快速便などが存在する)[2]
  • 木の浦線: 能登飯田 - すずなり館前[3] - 飯田高校下 - 島田 - 鉢ヶ崎 - 寺家 - 狼煙 - 木の浦[1]
  • 木の浦線(東山中経由): 能登飯田 - すずなり館前 - 飯田高校下 - 島田 - 正院 - 東山中 - 木の浦 - 高屋 - 小浦出[1]
  • 三崎線: 飯田港 - 飯田栄町 - 飯田高校下 - 島田 - 正院 - 本 - 粟津 - 大屋
  • 大谷A線: 町野 - 曽々木口 - 大谷 - 宇都山 - 飯田高校下 - すずなり館前 - 飯田港
  • 大谷B線: 曽々木口 - 大谷 - 木の浦
  • 飯田線: 上山 - 宇都山 - 飯田高校下 - すずなり館前 - 飯田港
  • 曽又線: 宇出津駅前 - 辺田の浜 - 中林 - 宇加塚 - 藤の瀬 - 鶴町 - 上曽又[1]
  • 柳田線: 柳田 - 重年 - 五十里 - 黒川 - 当目 - 兜地

コミュニティバス[編集]

輪島市のコミュニティバス「のらんけバス」

特急バス[編集]

のと鉄道代替バス[編集]

2005年(平成17年)に廃線となった能登線と七尾線の一部(輪島線)を代替するバスが運行している。輪島方面へのバスの一部は能登空港を経由する。珠洲方面代替バスは穴水駅から珠洲駅前や鉢ヶ崎までの直通便をはじめ、鹿波、鵜川、宇出津止まりとなる区間便も存在する。経路もそれぞれ様々であり、難解なものになっている。

  • 輪島方面列車代替バス(一部能登空港乗り入れ)
  • 宇出津・珠洲方面列車代替バス(直通便や区間便が存在し経由もそれぞれ異なるので注意が必要。遅く出た便が先に着く場合もある)
    • 穴水 - 宇出津間は基本的に下記の3種類の路線がある(折衷型の運行もある)
      • 瑞穂経由: 国道249号線を経由するもので道も良く早い。乗り心地も良い。[1]
      • 能都穴水線: 海岸沿いの県道34号線を経由する。カーブが多く時間もかかる。
      • 東部中央線: 山越えの道を通る。道は悪いが比較的早い。
    • 宇出津 - 鵜島間は基本的に下記の3種類の路線がある。
      • 十八束経由: 国道249号線を通る。快適な道。[1]
      • 能登内浦線: 海岸沿いの県道35号線を通る。カーブが多い。[1]
      • 上町経由: 県道6号線と珠洲道路を通る。これも快適な道。

営業所所在地[編集]

  • 本社営業所
    石川県輪島市杉平町蝦夷穴70
  • 輪島旅行センター(旧輪島駅
    石川県輪島市河井町20-1-131
  • 門前営業所
    石川県輪島市門前町走出2-111
  • 曽々木営業所
    石川県輪島市町野町西時国鳥毛9
  • 穴水営業所
    石川県鳳珠郡穴水町字大町い55-1
  • 飯田営業所
    石川県珠洲市野々江町ヒ1-4
  • 宇出津支所
    石川県鳳珠郡能登町字宇出津ト29-6

特記事項[編集]

2007年度末に珠洲市との間で同社一般路線バス利便性向上についての協議が持たれ、それと並行し市内全世帯にバス利用に関するアンケートを実施、その結果を踏まえさらに協議を重ね、2010年4月から新ダイヤによる運行を開始した。 また、2014年には輪島市との間で輪島特急線における停留所を絞るなど、更なる時間短縮を目指す「超特急バス」創設についての協議に入った。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 西日本JRバス代替路線
  2. ^ のと鉄道能登線廃止代替路線
  3. ^ 珠洲駅

外部リンク[編集]

  • 北陸鉄道 (北鉄奥能登バスの路線図・時刻表あり)