奇瑞汽車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Chery Automobile
奇瑞汽车
業種 輸送用機器
設立 1997
本部 中華人民共和国の旗 中国安徽省蕪湖市
代表者等 尹同躍
製品 自動車
ウェブサイト http://www.chery.cn/
Chery E5
Chery A3
Chery A5
Chery G5
Chery V5
Chery Tiggo
Chery QQ

奇瑞汽車(きずいきしゃ、チェリー自動車、Qirui Qiche、英語表記:Chery Automobile)は、中華人民共和国自動車メーカーである。正式名称は奇瑞汽车股份有限公司

第一汽車東風汽車上海汽車長安汽車と共に、中国自動車メーカーの「ビッグ5」の内の1社である。

概要[編集]

安徽省および同省蕪湖市政府の出資によって1997年に設立。会長兼社長は尹同耀(ユン・トンヤオ)。中国自動車工業協会(中国語表記:中国汽車工業協会)の統計では、2005年の自動車販売量は18.4万台。中国国内で第7位。自主ブランドメーカーとしては中国国内で最多の販売実績を持つ。

2006年3月28日、生産50万台目に当たる車両が完成し、2007年には中国でのシェアを第5位にまで上げ、前年シェア3位の現代-起亜自動車グループを上回った[1]

奇瑞の英語表記はCheryだが、これは英語の単語の「Cheery」から来ている。奇瑞の「奇」は中国では「とりわけ」という意味があり、「瑞」には「万事めでたく順調」の意味がある。合わせると「とりわけ万事めでたく順調」という意味になる。

また自主ブランドメーカーとして、最も早く製品の海外輸出を始めている。

歴史[編集]

1997年3月18日設立。1999年からセアトトレドライセンス生産で自動車生産を開始。

設立当初自動車生産のライセンスがなく、中国国内で自動車を販売することができなかった。 そのため2001年に自社株の20%を上海汽車(SAIC)に譲渡する。替わりにSAICから生産のライセンスを取得する予定だったが、SAICは2003年に奇瑞との関係を解消する。この背景にはSAICと合弁事業を展開するゼネラル・モーターズとの間でのデザイン盗用問題があると考えられている。具体的には奇瑞が発売した「QQ」と「東方之子」のデザインがそれぞれGM大宇製のシボレー・スパークシボレー・エピカに酷似している点、及び、奇瑞の英語名のCheryがシボレーの愛称のChevyと一字しか違わない点が問題とされた。 この問題で、2003年にGMは奇瑞を2度告発している。その後、株主が変わり2004年9月23日に生産ライセンスを取得することになる。同時に社名を上汽奇瑞汽車から奇瑞汽車有限公司に変更した。

2007年からマルコム・ブリックリンが設立したビジョナリー・ビークルズ社によって、奇瑞車の北米販売が計画されていたが、ディーラーが集まらなかった為、撤回された。なお、ブルックリンは1967年から1971年にかけてのスバル360の輸入、1970年代のスポーツカー、「Bricklin SV-1」の製造、1980年代ユーゴスラビア産の小型車「ユーゴ」の販売でも知られている。

2007年7月アメリカクライスラーと米国向け小型車の供給で提携を結んだがのちに破棄された。

2007年8月7日イタリアフィアット合弁事業に関する覚書に調印したが2009年3月現在凍結している。 両社の合意によると、安徽の奇瑞工場で、2009年からアルファ・ロメオとフィアットなどを年間17万5000台生産する予定である。

2007年12月にイスラエル持株会社であるイスラエル・コーポレーションとの自動車生産合弁事業を結び「Chery Quantum Automotive Corporation (CQAC)」を設立。 2011年11月に「Chery Quantum Automotive Corporation (CQAC)」は「Qoros Auto Co., Ltd.」と改名された。


車種一覧[編集]

  • QQ:超小型車。2003年発売。エンジンは0.8Lと1.1L。
  • 風雲 (Windcloud, Fulwin):小型セダン。2000-2006年まで販売。初代セアト・トレドベース。
  • 旗雲 (Flagcloud, Cowin):2003年発売。風雲の上級版。BMW MINIと同じトライテック製1.6L直4エンジンを搭載。ZFCVTも用意されている。ロシアではAmuletの名称で販売。
  • 瑞虎 (Tiggo):小型SUV。2005年発売。三菱4G63(2.0L直4)、4G64(2.4L直4)エンジンを搭載。
  • 東方之子 (Oriental Son, Eastar):中型セダン。2003年発売。三菱製4G63(2.0L直4)、4G64(2.4L直4)エンジンを搭載。2005年にはオーストリアAVL社との共同開発による自社製「ACTECO」直噴2.0L直4エンジン搭載車も追加された。ロシアではMikadoの名称で販売。
  • A5:小型セダン。2006年発売。エンジンは「ACTECO」1.6L(A516)と2.0L(A520)の2種類が用意される。
  • V5:中型MPV。2006年5月発表。エンジンはACTECO2.0L(V520)または三菱4G64(V525)の2種類。なお、このモデルの開発にあたっては英ロータス・エンジニアリングなどの協力を仰いでいる。
  • QQ6:超小型車。2006年発表。エンジンは 1.1Lと1.3L。
  • Karry:小型バン。2006年発表。
  • A1:超小型車。2007年4月発表。エンジンは 1.2Lと1.3L。
  • 東方之子Cross : 中型車。2007年6月発表。
  • A3:小型セダンハッチバック。2008年発表。エンジンは 1.6Lと1.8L。
  • QQme:超小型車。2009年6月発表。
  • Riich G5:2009年発表。エンジンは 2.0L。
  • Riich M1:超小型車。2009年発表。

合弁事業[編集]

奇瑞はジャガーランドローバー、イスラエル・コーポレーションと自動車生産の合弁事業を展開している他、アメリカの自動車部品会社Arvin Meritor、ジョンソンコントロールズPPGインダストリーズとも合弁事業を展開している。

クオロス(Qoros Auto Co., Ltd.)

奇瑞にとって初めての外国資本との自動車生産における合弁事業で、2013年初めを目処に完全新開発のセダンの販売を始めるとされた。なお正式社名は2011年11月にQoros Auto Co., Ltd.と改名された。

奇瑞ジャガーランドローバー(Chery Jaguar Land Rover Automotive Company Ltd.)

2012年3月インドタタ・モーターズの子会社でイギリスに本社を持つ「ジャガーランドローバー」と中国国内でジャガーとランドローバー車を生産・販売する合弁事業契約を結んだ。生産工場は江蘇省蘇州市に位置する県級市である常熟市に建設中である。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]