上海汽車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Shanghai Automotive Industry Corporation
(SAIC)
上海汽車工業(集団)総公司
業種 輸送用機器
設立 1958
本拠所在地 中華人民共和国の旗 中国上海市
製品 自動車
ウェブサイト http://www.saicgroup.com/
上海・SH760
「サンタナ2000」(上海大衆)
「サンタナ3000」(上海大衆)

上海汽車工業(集団)総公司(しゃんはいきしゃこうぎょう(しゅうだん)そうこうし)は、第一汽車東風汽車と並ぶ中華人民共和国の国有の三大自動車製造企業グループの一つである。また、第一汽車東風汽車長安汽車奇瑞汽車と共に、中国自動車メーカーの「ビッグ5」の内の1社でもある。英語正式社名はShanghai Automotive Industry Corporation (Group)、略称は上汽集団またはSAICである。

歴史[編集]

1958年に最初の自動車である「鳳凰」セダンの試作に成功。鳳凰は1964年上海・SH760と改名され、1991年までの長期間にわたって生産された。後に始まった中国共産党政府の『改革開放』政策で中国自動車企業として初めて外国資本との合弁に着手し、ドイツフォルクスワーゲン社との合弁会社「上海大众(衆)」社を設立してVWサンタナ(後に『サンタナ2000/3000』に発展)を生産した。このサンタナ2000/3000は現在でも生産され、上海市内のタクシーの車種別シェアのほとんどを占めている。またのちにサンタナ2000/3000の知的財産権がフォルクスワーゲンから譲渡された。

その一方で1990年代にはアメリカゼネラルモータースと合弁会社「上海通用」も設立、ビュイックシボレーのモデルを生産している。

2004年には、経営難に直面したイギリスMGローバー(以下MGR)社と資本・技術提携を発表したが、翌2005年に決裂、直後に同社は経営破綻、倒産状態となった。この後、再建に向けて経営権獲得に名乗りを上げたが、当時のブレア政権との相性も悪く結局解体となった。この時点ではMGR全体の所有権は未だBMWにあった。MGRのブランドのうちスポーツ部門のMGの知的財産権を前述南京汽車に割譲、乗用車部門ローバー_(自動車)は当時ランドローバーを所有していたフォード・モーターに売却すると発表した。この件で上海汽車はMGRとの提携交渉におけMGR知的財産権を主張し、 同社の高級モデルローバー・75の生産設備を買い取り、「栄威 750」の名称で製造・販売している。

一部報道では上海汽車がローバーを買ったと報道されたが買ったのはMGローバーが開発したエンジンや車体など知的財産、及び販売権等であり、ローバーブランドそのものは手に入れていない。

現状[編集]

現在中国国内では民族系メーカーと呼ばれる民間及び地方政府経営の自動車メーカーを中心に、自社ブランド・自主開発の車種が増えつつあり、一部は欧州や東南アジアに輸出もされているが、上海汽車は自主ブランドブームに最も慎重といわれ、現在でも業務の中心を外資との合弁に専念している。

上海汽車は中国で最も多く部品子会社を抱えている。

主なグループ企業[編集]

外部リンク[編集]