城戸南蔵院前駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
城戸南蔵院前駅*
駅舎(2007年1月13日)
駅舎(2007年1月13日)
きどなんぞういんまえ - Kido-Nanzōinmae
九郎原 (5.0km)
(1.5km) 筑前山手
所在地 福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗869-3
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 篠栗線福北ゆたか線
キロ程 10.2km(桂川起点)
電報略号 キト
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1968年昭和43年)5月25日
備考 簡易委託駅
* 2003年に城戸駅から改称。

城戸南蔵院前駅(きどなんぞういんまええき)は、福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗にある、九州旅客鉄道(JR九州)篠栗線福北ゆたか線)のである。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅で、北側に駅舎が置かれる。霊場(南蔵院)の最寄り駅であるため障害者用のトイレがあるが、エレベーターがなくホームへは階段を上る必要がある。

南蔵院による簡易委託駅マルス及びPOS端末の設置はない。また、自動改札機も設置されていない。SUGOCAの利用が可能であるが、カード販売は行わずチャージのみ取り扱いを行う。

駅周辺[編集]

当駅は篠栗トンネルの坑口付近にある。駅前に小さな川があり、鉄琴の音板が取り付けられた橋が架けられている。その橋を渡ったところには、篠栗線と並行する国道201号がある。駅から国道にかけての一帯には土産品店などが建ち並んでいる。駅周辺には日本一大きな釈迦涅槃像のある南蔵院をはじめとする篠栗新四国八十八ヶ所霊場の札所となる寺院が散在する。駅の南側を八木山バイパスが通る。

寺院[編集]

  • 南蔵院
  • 薬王寺
  • 大師堂
  • 水子供養堂
  • 慈妙法院
  • 正蓮院
  • 地蔵寺
  • 弥谷寺
  • 篠栗四国第一番札所
  • 篠栗四国第七十二番札所

商店・旅館[編集]

  • 池田屋
  • お土産店こめや
  • 吉田屋
  • つるや旅館
  • まるや食堂
  • すみた商店
  • たまや
  • ひとやすみ茶屋

路線バス[編集]

駅を出て少し歩いたところに西鉄バス城戸バス停、つるや旅館前に篠栗町のコミュニティバス(無料)であるオアシス篠栗巡回バス城戸つるや前バス停がある。

西鉄バス[編集]

利用者が少ないため、天神方面のバスが一日一本しかなく、土・日・祝についてはそのバスさえもない。二瀬川方面に行くバスはない。

城戸[編集]
  • 31 : 二瀬川-日の浦口-城戸-篠栗-長者原-二又瀬-妙見-天神-大濠公園

オアシス篠栗巡回バス[編集]

一日二本運行。町内であれば西鉄バスよりも便利。

城戸つるや前[編集]
  • 城戸コース : オアシス篠栗-大勢門-山手-城戸つるや前-内住-郷ノ原

歴史[編集]

篠栗線桂川 - 篠栗間の開通と同時に城戸駅として開業した。1995年、沿線の南蔵院に全長41m、高さ11mの釈迦涅槃像が設置されてから同寺への参拝者が急増したため、2003年に駅名を「城戸南蔵院前」に改称した。

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
福北ゆたか線(篠栗線)
快速
筑前大分駅 - 城戸南蔵院前駅 - 篠栗駅
普通
九郎原駅 - 城戸南蔵院前駅 - 筑前山手駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]