名古屋市国際展示場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
名古屋市国際展示場
Nagoya International Exhibition Hall 02.JPG
第1展示館
情報
建築主 名古屋市
管理運営 財団法人名古屋産業振興公社
敷地面積 約201,833m2[1]
駐車台数 4,100台
開館開所 1973年
所在地 455-0848
愛知県名古屋市港区金城ふ頭2-2
テンプレートを表示
第2展示館
第3展示館
イベント館

座標: 北緯35度02分55秒 東経136度50分41秒 / 北緯35.048558度 東経136.844845度 / 35.048558; 136.844845 名古屋市国際展示場(なごやしこくさいてんじじょう)は、愛知県名古屋市港区金城ふ頭にある展示施設・イベントホール・見本市会場である。通称は「ポートメッセなごや」。指定管理者は財団法人名古屋産業振興公社。

概要[編集]

施設はドーム状の第1展示館、長方形の建物の第2展示館第3展示館、多数の会議室を備える交流センターイベント館の5つの建物で構成されている。敷地面積約200,000平方メートル、展示面積は展示棟3つで33,946平方メートル[1]

第1展示館[編集]

名古屋市国際展示場敷地内の中央に位置する直径134m、高さ最大31m、総面積1万3,870m²のドーム型の建物。

南側に第3展示館への連絡通路の出入口がある。

老朽化が進んでおり、2007年6月から2008年1月までの名古屋市国際展示場整備構想検討委員会で決められた新第1展示館の整備構想の概要は総面積2万m²で第2・第3展示館同様の長方形型の建物と公表されている。

レゴランド建設に伴い、現在の第1展示館は取り壊し、 あおなみ線 金城ふ頭駅の隣に新たな建物を建設する予定。(国内最大規模 総面積100,000m²)

第2展示館[編集]

名古屋市国際展示場敷地内の西側に位置する縦約110m、横約60m、高さ約12.5m、総面積6,576m²の長方形の建物。1987年供用開始[1]

西側に入口があり、南側に交流センターへの連絡通路の出入口がある。

第3展示館[編集]

名古屋市国際展示場敷地内の南側に位置する縦約180m、横約75m、高さ最大約15m、総面積13,500m²の長方形の建物。1993年供用開始[1]

北西側に第1展示館、北西に交流センターへの連絡通路の出入口がある。

交流センター[編集]

名古屋市国際展示場敷地内の西側に位置する4階層の長方形の建物。

メインゲートに併設されており、入口はエントランスホールになっている。

1階は北側に第2展示館、南側に第3展示館の連絡通路への出入口があり、エントランスホール北側にはレストラン「東山ガーデン」と喫茶店「ふる里」が設置されている。階段以外の上階への移動手段として2機のエレベーターと上下各1基のエスカレーターが設置されている。

2階は非営業の食堂が2ヶ所あり、西側にはイベント館への連絡通路の出入口がある。

3階は広さ537m²の会議ホールと194m²の第3会議室・第4会議室、72m²の第5会議室がある。

4階は広さ194m²の第6会議室・第7会議室がある。

イベント館[編集]

名古屋市国際展示場敷地内の第1展示館と交流センターの間に位置する2階層の長方形の建物。

1階はレストラン「ふる里」が設置されている。

2階は広さ725m²の2面取りができるホールと126m²の2面取りができる第1会議室と62m²の第2会議室、非営業の食堂がある。

沿革[編集]

  • 1967年昭和42年) - 財団法人名古屋市見本市協会を設立。
  • 1973年(昭和48年) - 第1展示館開業。名古屋市から財団法人名古屋市見本市協会が管理を受託する。
  • 1987年(昭和62年) - 第2展示館・イベント館開業。
  • 1993年平成5年) - 第3展示館・交流センター・立体駐車場開業。
  • 1996年(平成8年) - 管理者の財団法人名古屋市見本市協会を解散、新設した財団法人名古屋都市産業振興公社に移行。
  • 2006年(平成18年) - 指定管理者制度の導入。名古屋市が、平成21年度までの指定管理者として財団法人名古屋都市産業振興公社を指定。
  • 2009年(平成21年) - 名古屋市が、平成25年度までの指定管理者として財団法人名古屋都市産業振興公社を指定。
  • 2010年(平成22年) - 財団法人名古屋都市産業振興公社が財団法人名古屋市工業技術振興協会との合併に伴い、財団法人名古屋産業振興公社に名称変更。

主な催事[編集]

交通アクセス[編集]

金城ふ頭駅
公共交通機関
自動車

過去には以下の臨時バスが運行する場合があった。

更に詳しくは名古屋市営バス鳴尾営業所#幹築地1号系統を参照。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 名古屋市国際展示場整備構想(提言) 平成20年1月 (PDF)”. 名古屋市. 2013年6月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]