ペドロ・デシマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペドロ・デシマ
基本情報
本名 ペドロ・ルーベン・デシマ
階級 ジュニアフェザー級
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
誕生日 1964年3月10日(50歳)
出身地 アルゼンチンの旗 アルゼンチントゥクマン州
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 36
勝ち 31
KO勝ち 21
敗け 4
無効試合 1
テンプレートを表示

ペドロ・デシマPedro Decima、男性、1964年3月10日 - )は、アルゼンチンプロボクサー。本名はペドロ・ルーベン・デシマPedro Ruben Decima)。トゥクマン州出身。元WBC世界ジュニアフェザー級王者。

来歴[編集]

1984年アルゼンチン代表としてロサンゼルスオリンピックボクシングバンタム級に出場し、ベスト8。

1984年11月17日、プロデビュー。

1987年1月16日、16戦目でアルゼンチンジュニアフェザー級王座を獲得した。

1988年7月28日、のちのWBO世界ジュニアフェザー級王者ジェシー・ベナビデスと対戦し、3回TKO勝ち。ベナビデスはキャリア初黒星となった。

1988年9月16日、元WBA世界ジュニアフェザー級王者ルイ・エスピノサと対戦し、8回TKO負け。

1990年11月5日、28戦目でWBC世界ジュニアフェザー級王者ポール・バンキに指名挑戦者として挑戦し、4回KO勝ちで世界王座を獲得した。

1991年2月3日、初防衛戦で畑中清詞と対戦し、6度のダウンを奪われ8回TKO負けとなり王座から陥落した。

1993年10月23日の試合を最後に引退した。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ポール・バンキ
第12代WBC世界ジュニアフェザー級王者

1990年11月5日 - 1991年2月3日

次王者
畑中清詞