加藤正人 (ゲームクリエイター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

加藤 正人(かとう まさと、1963年3月28日 - )は、日本のゲームクリエイターゲームシナリオライター。現在はフリーで活動している。

概要[編集]

大学卒業後、一年ほどアニメーターとして活動。その後テクモファミリーコンピュータ版『キャプテン翼』や『忍者龍剣伝』、ガイナックスパソコンゲームプリンセスメーカー2』や『ふしぎの海のナディア』の製作に関わった。

スクウェア(現スクウェア・エニックス)に所属してのちは『クロノ・トリガー』、『ラジカル・ドリーマーズ』、『ゼノギアス』、『クロノ・クロス』など多くのタイトルで演出やシナリオを担当した。

2002年にスクウェアを退職、フリーランスのシナリオライターとなってからはシナリオの原案のみの仕事が多いが、スクウェア時代の同期である本根康之から依頼を受けたバテン・カイトスでは脚本も手がけている。また、テクモ時代の上司で風来のシレンのシナリオライターでもある冨江慎一郎とのつながりから、チュンソフトの作品でもシナリオを担当するようになる。趣味はスキューバダイビング

製作に関わった主な作品リスト[編集]

テレビゲーム[編集]

その他[編集]

  • Kirite2005年)(光田康典のオリジナルアルバム): 付属ブックレットのシナリオ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]