下北駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
下北駅
新駅舎(2010年12月)
新駅舎(2010年12月)
しもきた - Shimokita
赤川 (2.3km)
(2.9km) 大湊
所在地 青森県むつ市下北町4-13
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 大湊線
キロ程 55.5km(野辺地起点)
電報略号 シモ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
191人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1939年昭和14年)12月6日
備考 直営駅
みどりの窓口
下北交通大畑線 - 2001年廃止
ホーム端にある看板

下北駅(しもきたえき)は、青森県むつ市下北町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)大湊線

本州最北の駅であり(JR東日本の最北駅でもある)、駅舎のホーム側には「てっぺんの駅」という看板が掲げられている。

歴史[編集]

廃止前の大畑線ホーム JR大湊線ホーム(2000年8月)
廃止前の大畑線ホーム
JR大湊線ホーム(2000年8月)

1939年、大畑線の開業とともにその分岐駅として設置された。大畑線は、国鉄再建法の施行により第1次特定地方交通線に指定され、1985年に下北交通に転換されたが、2001年に廃止された。

  • 1939年昭和14年)12月6日 - 大畑線の開業に合わせて開設(一般駅)。
  • 1983年(昭和58年)12月1日 - 貨物扱い廃止。
  • 1985年(昭和60年)7月1日 - 大畑線が下北交通に転換。国鉄下北駅業務を下北交通に委託。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により東日本旅客鉄道に承継。
  • 1990年平成2年)頃 - JR東日本下北駅が直営駅に戻る。駅舎内に下北交通出札口が設置される。
  • 2001年(平成13年)4月1日 - 下北交通大畑線廃止。
  • 2007年(平成19年) - 下北駅前広場整備事業開始。
  • 2009年(平成21年)1月23日 - 新駅舎供用開始[1]
  • 2011年(平成23年)10月1日 - 駅レンタカー営業開始。隣の大湊駅からの移転[2]
  • 2013年(平成25年)3月16日 - 直営駅(大湊駅所属下北在勤)から業務委託駅となる。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅島式ホームの片側を使用する形の棒線構造で、ホームの反対側(旧1番線)は2001年まで下北交通大畑線が使用していた[要出典]かつては大湊駅方から大畑線方面に直通できる配線であり、大湊線の列車は大湊駅で折り返す形で大畑線へ直通運転を行っていたが、大畑線の転換時に線路の接続は断たれている[要出典]

大湊駅が管理する業務委託駅ジャスター委託、早朝夜間駅員不在)。駅舎にはみどりの窓口(営業時間:7時30分 - 18時50分、閉鎖時間あり)とタッチパネル式自動券売機が1台設置されている。大畑線廃止まではJR駅員はホーム上で改札を行っていた。

利用状況[編集]

乗車人員推移
年度 一日平均乗車人員
2000 246
2001 228
2002 251
2003 235
2004 213
2005 194
2006 199
2007 196
2008 188
2009 197
2010 198
2011 175
2012 187
2013 191

駅周辺[編集]

当駅から接続する温泉地・観光地[編集]

  • 恐山 - 下北交通恐山行乗車約60分、終点下車。
  • 下風呂温泉 - 下北交通佐井行乗車約80分、「下風呂」下車。
  • むつ矢立温泉
  • 大間崎 - 下北交通佐井行乗車約100分、「大間崎」下車。
  • 大間港(フェリーのりば) - 下北交通佐井行乗車約110分、「根田内」下車後、徒歩5分。

バス路線[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
大湊線
快速「しもきた
陸奥横浜駅 - (一部近川駅) - 下北駅 - 大湊駅
普通
赤川駅 - 下北駅 - 大湊駅

かつて存在した路線[編集]

下北交通
大畑線
下北駅 - 海老川駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “下北駅新駅舎利用開始しました。” (プレスリリース), むつ市, (2009年1月23日), http://www.city.mutsu.lg.jp/news/index.cfm/detail.1.6254.html 2009年8月22日閲覧。 
  2. ^ JR時刻表 2011年10月号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 下北駅(各駅情報) - 東日本旅客鉄道