ローバー・75

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローバー75

ローバー・75Rover 75 )は、イギリスの自動車会社・ローバーが製造・販売していた乗用車である。

BMWの支配下にあったローバー・グループから1999年に発売され、その存続会社であったMGローバーに引き継がれた。2005年4月、同社の経営破綻に伴って販売を終了した。

概要[編集]

ローバー・600ローバー・800の後継車種にあたる。派生モデルとしてステーションワゴンも発売され、「ローバー75・ツアラ」と称された。

開発には当時の親会社であるBMWの影響があり、競合し得るBMWの各モデル(3シリーズ5シリーズなど)との差別化のため、スポーティーさを排除し、レトロなデザインが採用されたといわれている。

エンジンはローバー製直列4気筒ガソリンエンジンと、ローバーと起亜自動車が共同で開発したKV6というV型6気筒ガソリンエンジン、最終モデルではフォード製のV型8気筒を搭載したものもあった。

歴史[編集]

1998年の英国モーターショーでデビューした。2004年には、マイナーチェンジが施されたが、MGローバーの経営破綻によって2005年4月に製造・販売を終了した。

生産は当初オックスフォードのローバー工場で行われ、後にバーミンガムのMGローバー工場に移管された。

日本での販売[編集]

1999年9月、ローバージャパンによってセダンの「コニサー」と「クラブ」(ともにKV6エンジンを搭載)が発売されたが、2000年頃にBMWがローバー部門を撤退したため、輸入を中止した。2003年にはMG ROVER NIPPON(オートトレーディングルフトジャパン)による輸入が再開され、同時に「75ツアラ」も販売された。

関連車種[編集]