ジャガー・XK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
XKR コンバーチブル

ジャガー・XKは、インドタタ自動車の子会社である、イギリスの自動車メーカージャガー社より、1996年から販売されているスポーツカー

概要[編集]

XKは、ジャガーがフォードに買収された後、旧態依然となっていたXJSに替わる新たなスポーツカーとして開発された。「XK」というのはもともとEタイプ以前に市販されていたジャガーのスポーツカーに冠された名前であった。しかし、Eタイプの後、21年間も作られ続けたXJ-S(後期モデルはXJSに改名)の後継モデルとなった当モデルがその名前を受け継いだ。

XKは、リアにシートを備えた2+2のラグジュアリー・クーペで、その高性能と美しいデザインから人気を博し、初代モデルは10年間で9万台以上を売りあげるという、ジャガーのスポーツカー史上最も成功したモデルとなった(最も販売台数が多いのはXJ-S/XJS。1975年から1996年の間に11万5千台を販売)。ボディ形状は、先代・現行モデルともに、クーペコンバーチブルが用意された。

このモデルは、エンジンは8気筒のものが採用されたため、ノーマルモデルはXK8と命名された。後に追加されたハイパフォーマンスモデルはXKRという。デザインは、Eタイプとの関連性を強く前面に押し出した、流麗なものとなった。

エンジンは、新設計の4.0L V8 DOHCAJ-V8エンジンを搭載した。XK8の最高出力は294ps/6,100rpm、最大トルクは40.0kg・m/4,250rpmであり、これにスーパーチャージャーを搭載したXKRの最高出力は375ps/6,150rpm、最大トルクは53.5kg・m/3,600rpmを発揮した。トランスミッションはいずれもZF製の5速ATを搭載。シャシーはXJSのものを大幅に改良して作られた。そのためサスペンションはフロントにダブルウイッシュボーン、リヤにウイッシュボーンを採用している。ただしXJSではリアショックが2本あったものが、1本に改められている。

またXK8にはリンプ・ホームモード(エンジンやオートマチックトランスミッションに異常が出た場合それを保護するため、通常時の50%にパワーが抑制される安全機能)が備わっている。

初代(1996年-2006年)XK8/XKR[編集]

ジャガー・XK(初代)
XK8/XKR
XK8 クーペ
Jaguar.xk8.car.750pix.jpg
XK8 コンバーチブル
Jaguar--XK8.jpg
XKR コンバーチブル シルバーストーン
Xkrsilver.JPG
販売期間 1996年 - 2006年
乗車定員 4人
ボディタイプ 2ドアクーペ
2ドアコンバーチブル
エンジン 4.0L AJ-V8 V8
4.0L AJ-V8 V8SC
4.2L AJ-V8 V8
4.2L AJ-V8 V8 SC
最高出力 406ps/6,100rpm
最大トルク 56.4kg・m/3,500rpm
変速機 6速AT/5速AT
駆動方式 FR
全長 4,760mm
全幅 1,829mm
全高 1,271mm
ホイールベース 2,590mm
車両重量 1,755kg
-自動車のスペック表-

1996年10月デビュー。コードネームは「X100」。

ボディ形状はクーペとコンバーチブルの2タイプで、前者は足回りのセッティングや内装を変え、「クラシック」と「スポーツ」という2つのグレードが設定された。

コンバーチブルは開閉には20秒ほどしかかからない電動のソフトトップを持っており、クローズ時の快適性もXJSより向上していた。内装はクーペがファブリックとレザーのコンビシートを標準とし、コンバーチブルはレザーシートを標準としていた。もちろん、クーペでもオールレザーのシートが選べた。いずれも、エンジンは自然吸気4リッターV8のみ。

  • 1997年10月 - マイナーチェンジ。主にエクステリアに変更を受けた。フロントバンパー、リアバンパー、サイドプレスライン、リアスポイラー、エグゾーストパイプなどのデザインを変更した。また、オプションで新デザインのアロイホイールが採用された。また、クーペのグレードは何もグレード名のないXK8と、XK8クラシックの2本に改められた。
  • 1998年10月 - マイナーチェンジ。クーペが形式変更を受ける(GF-JEDA→GF-JEDC)。
  • 1999年2月 - スーパーチャージャーを搭載した「XKRクーペ」およびXKR「コンバーチブル」が発表された。この時点で自然吸気の「XKコンバーチブル」は姿を消し、オープンモデルは過給モデル1本のラインナップとなった。
    • 10月 - この年から各モデルにCDナビが標準装備される。
  • 2000年10月 - マイナーチェンジ。主にエクステリアに変更を受ける。また、ナビがDVDナビに進化した。
    • 12月 - 50台限定で「XKR シルバーストーン」が発売される。このモデルは主に足回りに強化を受けており、強化されたサスペンション、ブレンボ製ブレーキシステム、大径アロイホイール(20インチ)などを装備していた。

2001年11月、ジャガー社の創設者であるウィリアム・ライオンズの生誕100年を祝う「XKR100」が、500台のみ世界中で限定販売された。日本市場へは、XKR100クーペ50台が割り当てられた。外装は特別色のアンスラサイトマイカ、内装は特別仕様のレザー・インテリア。その他、専用装備として、BBS社製のMontrealアロイホイール(20インチ)、ブレンボ製ブレーキキャリパーなどが用意された。

  • 2002年11月 - マイナーチェンジ。搭載されるエンジンの排気量が4.2リッターへと引き上げられ、それに伴いトランスミッションは6速ATとなった。最大出力および最大トルクは、NAのXK8クーペ・クラシックが304ps/6,000rpmと42.9kg・m/4,100rpm、過給モデルのXKRクーペおよびXKRコンバーチブルが406ps/6,100rpmと56.4kg・m/3500rpmと、いずれも向上した。エクステリアも、灯火類を中心に変更を受けた。
  • 2003年5月 - マイナーチェンジ。センサーによる衝突防止安全技術ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)がオプションで設定された。

2004年5月 - マイナーチェンジ。エクステリアに大きな変更を受けた。最も大きく変わったのはフロントバンパーのデザインで、フロントエアインテークの下部にもうひとつエアインテークが設けられた。その他灯火類、リアバンパー、サイドのプレスライン、リアスポイラー、エグゾーストパイプなどのデザイン変更が行われた。また、オプションで新デザインのアロイホイールが採用された。

2004年10月 - 限定モデルである「ブラックナイト」が設定された。インテリア・エクステリアともブラックを設定。運動性能を高めるべくクーペハンドリングパック(特別セッティングされたCATSダンピングコントロール、ハード仕様スプリング、アンチロールバー、高剛性ステアリングラックを採用)や20インチアロイホイールを採用した。インテリアでは、アルミニウムインテリアパック、三連メーターゲージなどを装着する。また、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)を標準装備した。クーペ20台、コンパーチブル5台のみの限定発売であった。

2005年5月 - 限定車Cパック、Dパック、Eパックを設定。それぞれのアルファベットはかつてのジャガー社の名車CタイプDタイプEタイプにちなむものである。Cパックは19インチアトラスアロイホイール、ACC、リバースパーク・コントロール、プレミアムサウンドシステムなどを装備した。Dパックは、クーペハンドリングパック、20インチデトロイトR Performanceアロイホイール、レッドペインテッドブレーキキャリパー(ブレンボ社製対向4ピストン)などを装備。Eパックは、アイボリートリム、20インチセパンR Performanceアロイホイール、レカロスポーツシート、リバースパーク・コントロールなどを装備した。

2005年9月 - クーペとコンバーチブルそれぞれに最終限定車「XKR 4.2-S」を設定。ボディカラーは4色が特別設定された。インテリアには限定仕様のエルムウッドトリム、チェッカーフラッグをあしらったバッジやトレッドプレート、アルミニウムインテリアパック、プレミアムサウンドシステムなどを装備した。

2代目(2006年-)XK/XKR[編集]

2代目XKクーペ
2代目XKコンバーチブル

2006年7月デビュー。コードネームは「X150」。当初はNAモデルのXKのみの発表であった。アストン・マーティンを手がけたイアン・カラムによる前衛的デザインは、Eタイプにインスパイアされたもので、ボディは非常に美しいラインを描く。Eタイプ同様ハッチゲートを持つリフトバック・ボディを採用、実際にラゲッジルームへのアクセスも向上している。XJで採用したアルミボディの技術を進化させたクラス最軽量のアルミモノコックボディは、先代モデルに比べクーペで31%、コンバーチブルで48%ものねじり剛性向上を達成した。

パワーユニットは、先代からキャリーオーバーされたV8 4.2L 304psのAJ-V8エンジンを搭載、ギアシフトはL字ゲートのZF製6速オートマチックトランスミッションを採用する。

インテリアは人間工学に拘った設計を受け、今までの懐古主義的デザインから決別している。パネルは伝統的なバーウオールナットウッドに加え、「コンテンポラリー」なポプラウッド、そして「スポーティー」なアルミの3種類が用意される。ハンドルは左右とも設定されている。

日本での販売[編集]

  • 2007年1月 - 「XKクーペ」「XKコンバーチブル」の販売開始[1]
  • 2007年4月 - 過給モデルのXKRおよびXKRコンバーチブルが発表される。エクステリアでは、リアバッジとメッシュが貼られたフロントグリルで区別できる。エンジンは上記V8 4.2Lにスーパーチャージャーを搭載し、当時ジャガーの量産車史上最高となる426psを発生する。やや遅れて限定仕様車であるXKRポートフォリオも発表された。このモデルは内外装および音響システムに手を加え、よりプレミアム性を高めたモデルとなっている。
  • 2010年6月 - エントリーモデル「ラグジュアリー クーペ」「ラグジュアリー コンバーチブル」の発売開始[2]
  • 2010年11月 - 特別限定車「クーペ ラグジュアリー リミテッド」発売[3]
  • 2011年2月 - 限定モデルとして「XKR-S」を発表。エンジンはV8 5.0Lスーパーチャージドとなり、最大出力も550psと大幅にパワーアップされている。
  • 2011年11月 - 2012年モデル販売開始。グレードが「XKラグジュアリー クーペ」「XKポートフォリオ コンバーチブル」「XKRクーペ」の3つに整理された[4]
  • 2012年6月 - 2013年モデル販売開始[5]
  • 2014年1月 - 2015年モデル販売開始[6]


参考文献[編集]

  1. ^ ジャガーのプレミアムスポーツカー「XK」、フルモデルチェンジ”. 2013年2月3日閲覧。
  2. ^ 「ジャガーXK」に新グレード追加”. 2013年2月3日閲覧。
  3. ^ 「ジャガーXK」に装備充実の特別限定車”. 2013年2月3日閲覧。
  4. ^ ジャガー、「XKシリーズ」の2012年モデル発売”. 2013年2月3日閲覧。
  5. ^ 2013年モデルの「ジャガーXK」販売開始”. 2013年2月3日閲覧。
  6. ^ 「ジャガーXK」に充実装備の2015年モデル登場”. 2013年2月3日閲覧。

外部リンク[編集]