ベントレー・ミュルザンヌ (1980-1992)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベントレー・ミュルザンヌ
ベントレー・ミュルザンヌ
85mulsanne.JPG
販売期間 1980年 - 1993年
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン 6.75L V8 OHV
変速機 3速AT
駆動方式 FR
ホイールベース 3,061mm
3,161mm
先代 ベントレー・T2
後継 ベントレー・ターボR
ベントレー・ブルックランズ
-自動車のスペック表-

ミュルザンヌMulsanne )はイギリスの自動車メーカーベントレーモーターズが1980年から1992年まで販売していた高級車である。コンチネンタルTアズールなどの派生車種は2000年代まで販売された。名前はル・マン24時間レースで5勝したことに代表されるベントレーのレースの歴史に由来する。ミュルザンヌストレートはル・マン24時間レースで使用されるサルト・サーキットの最も長いストレートの名前である。

ミュルザンヌ[編集]

ミュルザンヌはアルミニウム合金製シリンダーヘッドを持つ6.75Lロールス・ロイス V8エンジンを搭載する。1996年から2つのSUキャブレターボッシュ燃料噴射装置に置き換えられた。トランスミッションは3速ATが搭載される。

ミュルザンヌ・ターボ[編集]

ミュルザンヌ・ターボはジュネーヴ・モーターショー1982で発表され、1985年まで製造された。ギャレット・エアリサーチ(Garrett AiResearch )製ターボチャージャーの搭載により、最高出力は50%増加した。インテリアには非常に光沢のあるウォルナットや、傷のない革、ウールのカーペットやヘッドライニングが奢られた。498台のショートホイールベース版と18台のロングホイールベース版が生産された。

1985年、ミュルザンヌ・ターボは同じエンジンのインジェクション版を搭載するターボRに置き換えられた。

ブリティッシュレーシンググリーンのミュルザンヌ・ターボは007シリーズに2回登場している。ジョン・ガードナーによる不死身な奴はいない (Nobody Lives Forever)独立戦争ゲーム (Role of Honour)である。

ミュルザンヌ・S[編集]

1987年、古くなってきたミュルザンヌのテコ入れのため、ミュルザンヌ・Sが導入された。このモデルはターボチャージャーがない以外はターボRに類似していた。ターボRと同様のアルミホイールやインテリアのほかスポーツ仕様のサスペンションが採用された。1987年、角形ヘッドライトが丸目4灯に変更された。ミュルザンヌ・Sは1992年まで生産された。

派生車種[編集]

ミュルザンヌは同時に発売されたロールス・ロイス・シルヴァースピリット/スパーをベースにしていた。1998年に導入されたベントレー・アルナージの登場まで、全てのベントレーのモデルのベースに使用された。

生産台数[編集]

車種 販売期間 合計生産台数 ショートホイールベース ロングホイールベース リムジン
ミュルザンヌ 1980年–1987年 533台 482台 39台 2台
ミュルザンヌ・ターボ 516台 498台 18台
ミュルザンヌ・S 1987年–1992年 970台 909台 61台

参考文献[編集]

外部リンク[編集]