ユキノシタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユキノシタ
Saxifraga stolonifera in Taga Shiga 2011-06-04.jpg
ユキノシタ 多賀町の廃村民家の生垣にて
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
: ユキノシタ目 Saxifragales
: ユキノシタ科 Saxifragaceae
: ユキノシタ属 Saxifraga
: ユキノシタ S. stolonifera
学名
Saxifraga stolonifera
Curtis[1][2]
和名
ユキノシタ(雪の下)
英名
Strawberry Geranium

ユキノシタ(雪の下、学名:Saxifraga stolonifera)はユキノシタ科ユキノシタ属の植物[1][2]

特徴[編集]

本州四国九州及び中国に分布し、湿った半日陰地の岩場などに自生する常緑の多年草である[2]。人家の日陰に栽培されることも多い[2]。葉は円形に近く(腎円形)、裏は赤みを帯びる[2]。根本から匍匐枝を出して繁殖する[2]

開花期は5-7月頃で、高さ20-50 cmの花茎を出し、多数の花をつける[2]。花は5弁で、上の3枚が小さく濃紅色の斑点があり基部に濃黄色の斑点があり、下の2枚は白色で細長い[2][3]。花弁の上3枚は約3-4 mm、下2枚は約15-20 mmである[4]。本種の変種[5]または品種とされる[6]ホシザキユキノシタには、こうした特徴は現れず、下2枚の長さは上3枚と同じくらいとなる[7]。開花後、長さ約4 mmほどの卵形の蒴果(さくか)を実らせる[8]

APG植物分類体系での分類[編集]

古い分類のクロンキスト体系では、バラ目となっていたが、APG植物分類体系第2版ではユキノシタ目となり、ユキノシタ科のユキノシタ属となる[9]

被子植物 angiosperms
真正双子葉類 eudicots
コア真正双子葉類 core eudicots
ユキノシタ目 Saxifragales
ユキノシタ科 Saxifragaceae

名前の由来[編集]

が上につもっても、その下に緑の葉があることから「雪の下」と名付けられた[10][11]。また、白い花を雪(雪虫)に見立て、その下に緑の葉があることからとする説がある[12][13]。このほか、葉の白い斑を雪に見立てたとする説もある[11]

生薬[編集]

漢方薬薬味として用いられることはなく、民間薬として用いられた。

虎耳草(こじそう)という民間薬で、その葉をあぶり腫れものなどの消炎に用いた[13]凍傷火傷にも使える[4]。また、葉のしぼり汁は耳だれ、中耳炎によるかぶれ、虫刺されなどに効く[14]。小児のひきつけ(痙攣)には小さじ5杯ほどの生葉のしぼり汁が効くとされる[14]風邪にはユキノシタの葉20g氷砂糖ショウガ1片を加えて煎じて飲むと良い[14]

乾燥させた茎や葉は、煎じて解熱解毒に利用する[4]

食用[編集]

葉は山菜として、天ぷらなどにして賞味される[12]。葉の裏面だけにうすく衣を付け、揚げたものを「白雪揚げ」という[10]

このほか茹でて水にさらしたものをゴマあえや辛子あえにして食べる方法もある[10]

その他[編集]

葉の裏側の表皮細胞(液胞)は赤い色素を含むので、原形質分離が観察しやすい。そのため、高校生物の浸透圧の実験などによく用いられる[12]

近縁種[編集]

山間の渓流に生える。下側2枚の花びらが長い花形を、の字の形に見立てた名である。北海道から屋久島まで分布があるが、各地で変異が多く、多くの変種が報告されている[16]
本種と異なり4~5月頃に咲くことからこの名がある。山間部に咲き、葉は黄緑色で模様がなく光沢があり、花びらの斑点が黄色い[17]


関連画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “YList:ユキノシタ”. 2012年8月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 『日本の野生植物』 (1999)、pp.171-172
  3. ^ 『植物雑学事典』:ユキノシタ 花 2011年8月16日閲覧。
  4. ^ a b c 八坂書房 編(2005):159ページ
  5. ^ 小幡(2001):4ページ
  6. ^ 菅谷ほか 編(1998):116ページ
  7. ^ 鈴木(1970):295ページ
  8. ^ 御所見(2001):148ページ
  9. ^ 米倉 (2009)、pp.57-58
  10. ^ a b c 帯谷(1980):38ページ
  11. ^ a b 岩槻(2006):346ページ
  12. ^ a b c 『植物雑学事典』:ユキノシタ 2011年8月16日閲覧。
  13. ^ a b 『薬用植物学』 (1999)、p.132
  14. ^ a b c 帯谷(1980):39ページ
  15. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList):ダイモンジソウ 2011年8月16日閲覧。
  16. ^ 『日本の野生植物』 (1999)、p.172
  17. ^ a b 『日本の野生植物』 (1999)、p.171
  18. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-) YList:ハルユキノシタ 2011年8月16日閲覧。

参考文献[編集]

  • 岩槻秀明 『街でよく見かける 雑草や野草がよーくわかる本』 秀和システム2006年11月5日、527頁。ISBN 4-7980-1485-0
  • 小幡和男「天皇皇后両陛下もご覧になったホシザキユキノシタ」、『自然博物館ニュース A・MUSEUM』第27巻、ミュージアムパーク茨城県自然博物館2001年、 4頁。
  • 帯谷宗英 『野草を摘む』 筑波書林1980年8月10日、112頁。
  • 御所見直好 『振りかえる ふるさと山河の花 第二巻』』 日貿出版社、2001年6月10日、343頁。ISBN 4-8170-8052-3
  • 佐竹義輔大井次三郎北村四郎 他 『日本の野生植物 草本II離弁花』 平凡社1999年ISBN 4-582-53502-X
  • 『茨城県自然博物館第1次総合調査報告書―筑波山・霞ヶ浦を中心とする県南部地域の自然―』 菅谷政司・小幡和男・倉持眞寿美・久松正樹・高橋淳・池澤広美・小池渉 編、ミュージアムパーク茨城県自然博物館、1998年3月28日、349頁。
  • 鈴木昌友 『茨城の植物』 茨城新聞社1970年7月1日、490頁。
  • 野呂征男・水野瑞夫・木村孟淳 『薬用植物学』 南江堂1999年、改訂第5版。ISBN 4-524-40163-6
  • 『花ごよみ365』 八坂書房 編、八坂書房、2005年1月25日、396頁。ISBN 4-89694-850-5
  • 米倉浩司 『高等植物分類表』 邑田仁 編、北隆館2009年ISBN 978-4-8326-0838-2

外部リンク[編集]