マレク・ヤンクロフスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マレク・ヤンクロフスキ Football pictogram.svg
Jankulovski.jpg
名前
愛称 ヤンク
ラテン文字 Marek JANKULOVSKI
基本情報
国籍 チェコの旗 チェコ
生年月日 1977年5月9日(37歳)
出身地 オストラヴァ
身長 184cm
体重 82kg
選手情報
ポジション DF (LSB) / MF (LSH)
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-2000 FCバニーク・オストラヴァ 110 (15)
2000-2002 SSCナポリ 51 (8)
2002-2005 ウディネーゼ・カルチョ 91 (15)
2005-2011 ACミラン 113 (4)
2011-2012 FCバニーク・オストラヴァ 1 (0)
代表歴
2000-2009 チェコの旗 チェコ 78[1] (11)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マレク・ヤンクロフスキ(Marek Jankulovski, 1977年5月9日 - )はチェコオストラヴァ出身の元サッカー選手。父親はマケドニア人、母親はチェコ人。ポジションはディフェンダーもしくはミッドフィールダー。元チェコ代表

経歴[編集]

チェコU-21代表で2000年UEFA U-21欧州選手権2000準優勝を経験し、シドニー五輪代表、チェコA代表にも選ばれた。本職は左サイドハーフであったが、左サイドバックやボランチもこなせるユーティリティープレーヤーであった。

クラブ[編集]

17歳の時にFCバニーク・オストラヴァでプロデビュー。

2004-05シーズンはウディネーゼ・カルチョの主力メンバーとして、セリエAでUEFAチャンピオンズリーグ圏内の4位となる。翌シーズンに加入することが内定していたACミランとの一戦では、オウンゴールをしている。

2005-06シーズンから、ACミランでプレー。

2006-07シーズンのUEFAチャンピオンズリーグの決勝の舞台では先発出場し、優勝に貢献した。

2007年のUEFAスーパーカップでは、アンドレア・ピルロのロングパスをボレーシュートで叩き込む同点ゴールをあげ、セビージャFCとの大会勝利に貢献した。

2009-10シーズンは怪我の影響もあり、出場機会が激減。

2010-11シーズンはリーグ出場数が5試合とさらに減少、チームは7シーズンぶりのスクデット獲得を果たしたものの、同シーズン終了後に公式HP上で現役引退を発表した。

2011年10月に古巣のFCバニーク・オストラヴァで現役に復帰した。2012年2月20日に現役引退を表明。

チェコ代表[編集]

2000年チェコU-21代表にて、UEFA U-21欧州選手権2000準優勝。

2006年、FIFAワールドカップに参加。

2008年8月20日、ウェンブリーにて行われたイングランド代表との一戦では、ファーサイドに素晴らしいフリーキックを決めた。

2009年10月14日のW杯予選北アイルランド戦でチェコのW杯出場が消えたことを受け、試合後に代表引退を表明した。

ユーロでは、2000,2004,2008年の計3大会に参加している。

エピソード[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

イタリアの旗 ACミラン

個人[編集]

  • チェコ最優秀選手 : 2007

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Marek Jankulovski - STATISTIKY REPREZENTANTŮ”. FOTBAL.CZ. 2013年11月23日閲覧。

この項目は、ウィキプロジェクト サッカー選手の「テンプレート」を使用しています。