ラデク・ベイブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラデク・ベイブル Football pictogram.svg
Radek Bejbl.jpg
名前
ラテン文字 Radek Bejbl
基本情報
国籍 チェコの旗 チェコ
生年月日 1972年8月29日(41歳)
出身地 ニムブルク
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1990-1996
1996-2000
2000-2002
2002-2005
2005-2007
2007-2008
チェコの旗スラヴィア・プラハ
スペインの旗アトレティコ・マドリード
フランスの旗RCランス
チェコの旗スラヴィア・プラハ
オーストリアの旗ラピード・ウィーン
チェコの旗FCスロヴァン・リベレツ
154 (28)
105 0(2)
026 0(0)
083 0(2)
059 0(3))
08 0(0)
代表歴
1992-1993
1995-2001
チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
チェコの旗 チェコ
2 (0)[1]
56 (3)[1]
1. 国内リーグ戦に限る。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

ラデク・ベイブル(Radek Bejbl, 1972年8月29日 -)は、チェコの元サッカー選手。ポジションはMF(守備的MF)。

経歴[編集]

1990年に18歳でSKスラヴィア・プラハへ入団し、選手生活をスタートすると、すぐに頭角を現し1995-96シーズンにガンブリヌス・リーガ優勝、UEFAカップベスト16進出に貢献した。この活躍によりスカウトの関心を集め、1996年にスペインプリメーラ・ディビシオンアトレティコ・マドリードへ移籍した。アトレティコでもレギュラーに定着し、リーグ通算105試合に出場し、1996-97シーズンのUEFAチャンピオンズリーグベスト8進出や、1999年と2000年のコパ・デルレイ準優勝に貢献したが、タイトルとは縁がなく、2000年に2部降格が決まるとクラブを去り、フランスリーグアンRCランスへ移籍した。その後はSKスラヴィア・プラハ、オーストリアラピード・ウィーンFCスロヴァン・リベレツを渡り歩き、2008年に現役を引退した。

チェコスロバキア代表として、1992年1月4日のエジプト戦で代表デビューを飾り、国際Aマッチ2試合に出場した。1995年からはチェコ代表に選出。1996年の欧州選手権1次リーグ第2戦、対イタリア戦では決勝ゴールを決める活躍を見せ、同国の大会準優勝に貢献した。しかし1997年のFIFAワールドカップ・フランス大会予選ではスペインに競り負け、ワールドカップ出場は叶わなかった。UEFA欧州選手権2000に出場し、2001年6月6日の北アイルランド戦(試合は3-1でチェコの勝利)を最後に代表から退いた。チェコ代表通算では国際Aマッチ56試合に出場し、3得点を記録した。

脚注[編集]

  1. ^ a b Radek Bejbl - STATISTIKY REPREZENTANTŮ”. FOTBAL.CZ. 2013年11月23日閲覧。

外部リンク[編集]