フォーメーションZ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォーメーションZ
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 アーケード[AC]
ファミリーコンピュータ[FC]
Wiiバーチャルコンソール[VC]
発売元 ジャレコ
人数 1人
メディア ロムカセット
発売日 [AC] 1984年
[FC] 1985年4月4日
[VC] 2009年2月3日
テンプレートを表示

フォーメーションZ』(-ゼット、FORMATION Z)は、ジャレコより1984年に稼動されたアーケードゲーム。日本国外版タイトルは『Aeroboto』。1985年4月4日にはファミリーコンピュータ用として移植された。

概要[編集]

内容は横スクロールシューティングゲームである。自機イクスペル」は可変戦闘機であり、ロボット形態と飛行形態に変形することが可能。飛行形態では高速飛行できるが消耗も激しく、エネルギーが0になると地上に落下してしまう。エネルギー補給は地上に設置されたエネルギータンクと接触することで行う。

攻撃には速射可能な「パルスレーザー」と、一定時間攻撃ボタンを押しつづけること(溜め撃ち)で発射できる高威力の「ビッグバン」が用意されている。ボスキャラなど、ビッグバンでしか破壊できない敵も存在するため、武器2種の使い分けが重要となる。なお、この溜め撃ち攻撃のビッグバンは、シューティングゲームにおいて溜め撃ち攻撃を確立したアイレムR-TYPE』よりも3年早く採用されており、本作はその元祖ともいえる。

アニメ『超時空要塞マクロス』等のヒット作品の影響で、当時のアニメ業界や玩具市場には一時的な変形ロボットブームが巻き起こっていた。本作はその流行がゲーム業界に飛び火した作品である。

移植版[編集]

ゲームボーイアドバンス用『じゃじゃ丸Jr.伝承記~ジャレコレもあり候~』、プレイステーション用『ジャレココレクションVol.1』にファミリーコンピュータ版の移植が収録され、他にもiアプリ版などがリリースされている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]