パワー・フォー・リビング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パワー・フォー・リビングPower For Living)は米国アーサーS.デモス財団(Arthur S. DeMoss Foundation)が無料配布しているキリスト教系書籍の名称。

来歴[編集]

  • 1955年 - アーサー・S・デモスによって、ナショナル・リバティー財団が設立される
  • 1979年 - アーサー・S・デモスが53歳で没。夫人のナンシー・S・デモスが、遺産のうち2億ドルをあてて、ナショナル・リバティー基金を設立。後に名称を現在のものに改める。
  • 1983年 - 米国にて書籍「パワー・フォー・リビング」の配布開始
  • 1999年 - 米国にてテレビCMによる広告開始。
  • 2001年 - ドイツで配布開始
  • 2007年 - 日本で配布開始

概略[編集]

アーサーS.デモス財団[編集]

  • 『パワー・フォー・リビング』を配布しているアーサーS.デモス財団は、主にキリスト教プロテスタント福音派を支援している財団で、特に中絶同性愛に反対し、創造論創造科学インテリジェント・デザインの普及をはかるキリスト教右派との繋がりが深いとされている。
  • キリスト教を広めることを目的としたものであり、独自の教義や教祖を持つ宗教団体ではない。よって、財団の活動に協力するキリスト教信者はいても、財団ないし『パワー・フォー・リビング』それ自体の信者という者は存在しない。CMに出演している人達はプロテスタントのキリスト教徒である。
  • 財団の豊富な資金力を背景に、『パワー・フォー・リビング』配布のための広告活動がこれまでアメリカ、ドイツでなされてきており、2007年1月8日から2月1日まで日本でも新聞広告及びコマーシャルを流すようになった。
  • ドイツではこの財団のコマーシャルは、ドイツ連邦放送審議会(Germany's Federal Broadcasting Commission)によって「宗教思想を宣伝する広告」であると認定され、2002年1月に放送禁止となっている。

有名人の関係者[編集]

日本版コマーシャルの出演者
アメリカ版コマーシャルの出演者

全員プロテスタントのキリスト教徒として知られている。

日本国内での反響[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 出典:講談社週刊現代」 平成19年2月10日号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]