ジャネット・リン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリンピック
フィギュアスケート
1972 女子シングル

ジャネット・リン(本名:ジャネット・リン・ノーウィッキ、Janet Lynn Nowicki1953年4月6日 - )は、アメリカイリノイ州シカゴ出身の女性フィギュアスケート選手。1972年札幌オリンピック女子シングル銅メダリスト。選手としてはファミリーネームを落とした名を使った。

経歴[編集]

シカゴの郊外で生まれた。3歳半で初めてスケート靴を履き、5歳からフィギュアの訓練を始めた。1966年、12歳でジュニアの国内選手権に優勝。1968年には14歳でグルノーブルオリンピックに出場し9位。金メダルを獲得したペギー・フレミングがプロに転向すると、ジャネット・リンはアメリカ女子フィギュア界のエースとなり、1973年まで5年連続で全米選手権を制した。

1972年、18歳の時に札幌オリンピックに出場。フリーではシットスピン転倒、尻もちをつく失敗があったものの、その美しい演技は芸術点で満点の6.0も出るなど高得点を獲得したが、当時のルールで重要視されていたコンパルソリーが苦手であったため、合計点で3位にとどまった。この出来事は翌年からコンパルソリーの比重を下げ、ショートプログラムを導入する一因ともなった。演技中、着氷に失敗したにもかかわらず終始笑顔で滑っていたことは、全世界で大絶賛された。

その愛くるしい笑顔から「札幌の恋人」「銀盤の妖精」と呼ばれ日本中で人気を得、カルピスのCMにも出演した。選手村の自室の壁に「Peace & Love」と書き残して日本を離れたが、この建物が分譲アパートとなった後にこの落書きは消えてしまった。しかし翌年1973年に来日して再びサインした「Peace, Love + Life」は消されずに保存されている。[1]

オリンピックでホームシックになり米マクドナルドが飛行機でハンバーガーを届けたのは有名な話。

1973年、145万ドルという破格の契約金でプロに転向、同年世界プロフィギュア選手権で優勝。以後10年以上にわたりプロスケーターとして活躍した。また日本での人気も衰えず、1983年にはTBSテレビドラマ『胸さわぐ苺たち』に本人役でゲスト出演。また1998年に開催された長野オリンピックにおいてはオリンピック親善大使に任命され、マクドナルドのCMに出演。久しぶりに公の場に姿を現した。2001年、世界フィギュアスケート殿堂入り。

その後、2007年1月に、キリスト教の文書伝導を目的とするパワー・フォー・リビングのキャンペーンに、日本ハムヒルマン監督(当時)、かつて「久保田早紀」の芸名で活動していた歌手久米小百合、音楽ユニットm-floMCであるVERBALとともに出演した。

主な戦績[編集]

大会/年 1967-68 1968-69 1969-70 1970-71 1971-72 1972-73
オリンピック 9 3
世界選手権 9 5 6 4 3 2
全米選手権 3 1 1 1 1 1

著書[編集]

  • ジャネット・リン ママになった妖精(小学館、1984年) ISBN 9784093060073

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞デジタル:五輪団地に残るサイン 大切に守る夫妻