ナコーンパトム県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナコーンパトム県
จังหวัดนครปฐม
ナコーンパトム県の位置
タイの国旗 タイ王国
県庁所在地 ムアンナコーンパトム郡
面積 2,168.327 km²
人口 882,184 人 2013年
人口密度 406.85 人/km²
ISO 3166-2 TH-73
  • この項目は英語版を元に作成されています。

ナコーンパトム県(ナコーンパトムけん、タイ語: จังหวัดนครปฐม )はタイ王国中部の県(チャンワット)の一つ。スパンブリー県アユタヤ県ノンタブリー県バンコク首都府、サムットサーコーン県ラーチャブリー県カーンチャナブリー県と接する。

地理[編集]

ナコーンパトムは中央平原部にあり、バンコクの西部に位置する。バンコクの市街地はこの県まで広がっており、ここに住んでバンコクに通勤する人もいる。県内にはターチン川が流れる。

歴史[編集]

語としてのナコーンパトムは「最初の町」と言う意味である。6世紀ドヴァーラヴァティー時代から栄え、現在のタイ国内の町で一番古い町とされる。それ以前から開発されていたと言う意見もあり、学者の中には紀元前3世紀にはすでに仏僧が布教にナコーンパトムへ来ていたという者もある。

ナコーンパトムは元々海に面していたが、チャオプラヤー川が上流から土を運んできた結果、海岸線が南下してしまった。当時タイの主要交通手段は運河であったが、その後、ターチン川の水位が下降したため、運河としての利用が難しくなり、住民のほとんどはナコーンチャイシー郡に移動してしまった。その後ラーマ4世の時代、1870年(タイ仏暦2413年)プラ・パトムチェディーが完成したので住民を再びここへ戻した。

県章[編集]

プラ・パトムチェーディー

県章はプラ・パトムチェーディーと呼ばれるパゴダが描かれている。中央の王冠は工事を完成させた、ラーマ4世の印章である。

県木は Diospyros decandra である。

行政区[編集]

ナコーンパトム県は7の郡(アンプー)に分かれ、その下に106の町(タンボン)と、930の村(ムーバーン)がある。

ナコーンパトム県の郡
  1. ムアンナコーンパトム郡
  2. カムペーンセーン郡
  3. ナコーンチャイシー郡
  4. ドーントゥーム郡
  1. バーンレーン郡
  2. サームプラーン郡
  3. プッタモントン郡


脚注[編集]