カーンチャナブリー県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カーンチャナブリー県
จังหวัดกาญจนบุรี
カーンチャナブリー県の位置
タイの国旗 タイ王国
県庁所在地 ムアンカーンチャナブリー郡
面積 19,483.148 km²
人口 842,882 人 2013年
人口密度 43.26 人/km²
ISO 3166-2 TH-71
  • この項目は英語版を元に作成されています。

カーンチャナブリー県(カーンチャナブリーけん、タイ語: จังหวัดกาญจนบุรี )はタイ中部の県(チャンワット)の一つ。ターク県ウタイターニー県スパンブリー県ナコーンパトム県ラーチャブリー県と接し、西部にはミャンマーとの国境が広がる。

地理[編集]

クウェーヤイ川(大クウェー川)とクウェーノーイ川(小クウェー川)を中心に県が展開している。県北部には自然が大きく残り、数カ所に公式・非公式の国立公園が展開し、そのほとんどの領域が国立公園あるいは野生動物保護区となっている。特にトゥンヤイ・ナレースワン野生生物保護区ユネスコ世界遺産(自然遺産)に登録されている。

またボープローイ郡近辺はスルーサファイアの産出地でもあり、県の主要な産物となっている。またタイで珍味とされるヘット・コーン(Termitomyces sp.)と呼ばれるキノコの採集地でもある。

歴史[編集]

アユタヤ王朝時代、ビルマ軍がタイに進入してくる際は、ビルマ軍の通過点であった。クウェー川に架かる橋は映画『戦場にかける橋』で有名である。旧日本軍が多数の犠牲者を出しとんでもない早さで作られた泰緬鉄道の一部は現在でも使われており、サイヨーク郡のサイヨークノーイ(地名)まで走っている。

県章[編集]

ミャンマーとの国境、サンクラブリー郡にある、スリー・パゴダ・パスにある三つの仏塔をデザインしている。

県花はインドヤコウボクNyctanthes arbortristis)、県木はネーンの木Homalium tomentosum)。

行政区[編集]

カーンチャナブリー県は13の郡(アムプー)に分かれ、その下に98の町(タムボン)と、887の村(ムーバーン)がある。

  1. ムアンカーンチャナブリー郡
  2. サイヨーク郡
  3. ボープローイ郡
  4. シーサワット郡
  5. ターマカー郡
  6. タームワン郡
  7. トーンパープーム郡
  8. サンクラブリー郡
  9. パノムトゥワム郡
  10. ラオクワン郡
  11. ダーンマカームティア郡
  12. ノーンプルー郡
  13. フワイクラチャオ郡
カーンチャナブリー県の行政区分地図