ムーバーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ムーバーン(Muban、หมู่บ้านタイ語ラオス語の語彙で村と言う意味。ムーという集まりを意味する言葉と、バーンというを意味する言葉からなる。略してバーンと言う言い方もされ、ラオスではバーンの語が地方行政区分として使われている。

タイにおいては、ムーバーンは正式にはバーンと略されないで使われる。こちらもラオスと同じく地方行政の単位で、タンボン(町)の下位にあり、地方行政最下位の組織である。通常「村」と訳される。ラーマ5世チャックリー改革によりモントンと呼ばれる制が確立されたときに、現在のムーバーンの形態が確立していた。この行政区の長の村長(ผู้ใหญ่บ้าน)は住民から直接選挙によって選ばれ、その他2名の村人がその秘書となる。モントン成立当時から、この村長の選挙には男女参加の選挙が行われていたという。しかしながら、村の行政は村長に任せっきりになっており、秘書などの人材は有効には使われていないと言われる。なお、バンコクでムーバーンというと路地裏を中心とする一つの住宅街のことを意味する。

関連項目[編集]