サムットソンクラーム県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サムットソンクラーム県
จังหวัดจังหวัดสมุทรสงคราม
サムットソンクラーム県の位置
タイの国旗 タイ王国
県庁所在地 ムアンサムットソンクラーム郡
面積 416.7 km²
人口 204.177 人 2000年
人口密度 490 人/km²
ISO 3166-2 TH-75
  • この項目は英語版を元に作成されています。

サムットソンクラーム県タイ中央部の県(チャンワット)の一つ。ペッチャブリー県ラーチャブリー県サムットサーコーン県と接する。

歴史[編集]

アユタヤ王朝時代、現在の中心地であるサムットソンクラームはスワンノーク (สวนนอก) とよばれておりラーチャブリー県の領域の一つだったが、トンブリー王朝時代にラーチャブリーから分離しメークローンの街が設置された[1]ラーマ1世の妻、アマリンの誕生地としても知られる[2]。また、ラーマ2世の生誕の地でもあり、生誕地にはラーマ2世公園がある[3]

地理[編集]

サムットソンクラームはメークローン川タイランド湾に注ぐ河口に位置する。その他県内には灌漑用に多数の運河が掘られている。

海岸にはドーン・ホーイロートと呼ばれる、マテガイの仲間 (Solen regularis) が群生する砂洲がある。この砂洲は2001年からラムサール条約で保護されている。

県章[編集]

県章はクローンと呼ばれる太鼓が水に浮かんでいるところが描かれている。これは、県内を流れるクローン川を象徴している。この川のタイ語の呼称「メークローン」はサムットソンクラームの旧称である。川の両側にはヤシの木が描かれているが、これは県の主要産物である。

県木はトキワギョウリュウ (Casuarina equisetifolia) である。

行政区[編集]

サムットソンクラーム県は3つの郡(アムプー)に分かれ、その下に38の町(タムボン)、284の村(ムーバーン)がある。

  1. ムアンサムットソンクラーム郡ムアン
  2. バーンコンティー郡
  3. アムパワー郡

地図

脚注[編集]

関連項目[編集]