ラーマ2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラーマ2世
รัชกาลที่ ๒
シャム国王
Buddha Loetla Nabhalai portrait.jpg
ラーマ2世像(チャクリーマハープラーサート宮殿蔵)
在位 1809年9月7日 - 1824年7月21日
戴冠 1809年9月7日、於大宮殿
別名 พุทธเลิศหล้านภาลัย
プッタルートラーナパーライ
チム(幼名)
鄭明(漢名)
王朝 チャクリー王朝
出生 1767年2月24日
アユタヤアムパワー
死亡 1824年7月21日(満57歳没)
シャムバンコク
埋葬  
タイバンコク大宮殿
ラーマ1世
アマリン
配偶者 シースリエン
クントンティッパヤワディー
居所 大宮殿
宗教 上座部仏教

ウィキメディア・コモンズ ウィキメディア・コモンズには、ラーマ2世に関連するカテゴリがあります。
テンプレートを表示

ラーマ2世タイ語: รัชกาลที่ ๒)は、チャクリー王朝の第2代のシャム国王プッタルートラーナパーライタイ語: พุทธเลิศหล้านภาลัย, ラテン文字転写: Buddha Loetla Nabhalai)とも呼ばれる。

生涯[編集]

ラーマ1世の息子で、幼名をチムと言った。1782年タイ仏暦2345年)にラーマ1世が即位するとクロムルワンイッサラスントーン王子の名を得た。その後タイの仏教の伝統に則って出家した。1806年タイ仏暦2349年)の副王の死によって自身が副王になり、皇太子となった。1809年(タイ仏暦2352年)に父王が崩御ため王に即位した。治世の前半はたびたびビルマが攻めてきたが、後半ではビルマがイギリスに占領され、攻めてこなくなったため、国内の整備などを行った。

タイの文豪の一人にも数えられる。文学面での功績は大きいが、ブンナーク家などの貴族に内政を委ねていたので、政治的にはあまり実権を持たなかった。

人物[編集]

武人の一面[編集]

文人の一面[編集]

事績[編集]