スリヤートアマリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スリヤートアマリン王
สมเด็จพระที่นั่งสุริยาศน์อมรินทร์
ボーロマラーチャー3世
在位 1758年 - 1767年
全名 スリヤートアマリン王
別名 エーカタット王、ライ王
王朝 アユタヤー王朝35代目
家系 バーンプルールワン家
出生  
テンプレートを表示

スリヤートアマリン王(? - 1767年)はタイアユタヤ王朝の王の一人でアユタヤー王朝最後の王。皮膚病を病んでいてあたかもハンセン氏病に罹っているように見えたのでライ王とあだ名された。またエーカタット王の呼び名がありこちらが一番よく使われる。ビルマ軍が攻めてきたときに、大砲で耳の鼓膜が破れるのを恐れてプラヤー・ターク(後のタークシン王)に王の許可を得てから大砲を撃つように命じたが、プラヤー・タークが聞き入れなかったので、プラヤー・タークを謹慎処分にしたというのはアユタヤ王朝の失墜を象徴する事件として有名である。この王の時代にビルマ軍が遂にアユタヤーを陥落させ、約400年あまり続いた王朝に終止符が打たれた。アユタヤが陥落すると、スリヤートアマリン王は、バーンパイン(アユタヤ県)あたりまで単独で逃亡した。ビルマ軍の追っ手に捕まえられたときには10日間断食し無言で抵抗したが、遂に力つきたという。

関連項目[編集]