チャイヤラーチャーティラート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャイヤラーチャーティラート
สมเด็จพระชัยราชาธิราช
 
在位 1534年 - 1547年
全名 チャイヤラーチャーティラート
別名 チャイラーチャー
王朝 アユタヤ王朝14代目
家系 ロッブリー家
テンプレートを表示

チャイヤラーチャーティラート王タイアユタヤ王朝の王の一人。ラーマーティボーディー2世の子。元はピサヌロークの国主であったが、当時6歳だったラッサダー親王(主権者)を廃して王位に就いた。潜水と火渡りによる裁判制度を生み出したとされる。また、この王の治世の間に300人のポルトガル人がタイに来朝し、王はこのうち120人を鉄砲傭兵隊として雇い入れた。1545年にはランパーンランプーンチエンマイビルマに寝返り、チャイラーチャー王はポルトガル人傭兵隊を用いてこれを討伐した。

関連項目[編集]