ラーメースワン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラーメースワン王
พระราเมศวร
 
在位 1369年 - 1370年
1388年 - 1395年
全名 ラーメースワン王
別名  
王朝 アユタヤ王朝2代目・5代目
家系 ウートーン家
統治地域  
出生 1339年
テンプレートを表示

ラーメースワン王1339年 - 1395年)はタイのアユタヤ王朝の王の一人。ウートーン家スパンブリー家の争いのため地位が安定せず、アユタヤ王朝史上唯一の二回も王位に就く事になった王である。ラーメースワンとはアユタヤ王朝初期100年間、皇太子の称号として使われていたものである。父親、ラーマティボーディー1世の元ではロッブリーの王であったが、父が死亡すると皇太子としてその後をついで王になった。クメール遠征ではアンコール・トムの攻略に失敗。スパンブリーの王であったパグワの加勢を得てようやく攻略に成功した。この後、ラーメースワンの権威は失墜し、パグワの権限が高まったためパグワはアユタヤに昇りクーデターを実行した。後にパグワが崩御しその息子トーンチャンが王位に就くと、ラーメースワンはアユタヤへ登りクーデターを起こし、王位に再び就いた。その治世中にはクメールやチエンマイを攻撃した。

関連項目[編集]