ラーマラーチャーティラート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラーマラーチャーティラート
พระรามราชาอิราช
 
在位 1395年 - 1409年
全名 ラーマラーチャーティラート
別名 ラーム王、ラーマラーチャー王
王朝 アユタヤー王朝6代目
家系 ウートーン家
出生  
テンプレートを表示

ラーマラーチャーティラート王タイアユタヤ王朝の王の一人。父・ラーメースワンの後をついで王になった。後にチャオプラヤーマハーセーナーボーディーによってクーデターが起こり王位を降ろされ、強制的に出家させられた。これによりラーマーティボーディー1世の直接の子孫であるウートーン家の家系は途絶えた。その後ナコーンイン親王がチャオプラヤー・マハーセーナーボーディーの推挙によって王位に就いた。ナコーンイン王はチャオプラヤー・マハーセーナーボーディーを高い位に取り立て、多くの財産を与えた。

関連項目[編集]