プーミンタラーチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プーミンタラーチャー王
สมเด็จพระภูนินทรราชา
サンペット9世
สมเด็จพระสรรเพชรณ์ที่ ๙
在位 1709年 - 1733年
全名 プーミンタラーチャー王
別名 池端王(ターイサ王) 
王朝 アユタヤ王朝33代目
家系 バーンプルールワン家
出生  
テンプレートを表示

プーミンタラーチャー王(สมเด็จพระเจ้าอยู่หัวท้ายสระ)は、タイアユタヤ王朝の王。スリイェーンタラーティボーディー王と同じく釣り好きであったと言われ、池端宮に好んで住んだので、池端王とも呼ばれそちらの名前の方がよく使われる。

長くアユタヤ王朝は鎖国政策をとっていたが、この王の治世にイギリス東インド会社との通商が開かれた。また、ベトナムと手を結んで独立していたクメールを保護下において版図に加えた。中国との交易関係はこの時期に一層深まり、清朝へのタイ米の輸出が始められた。

関連項目[編集]