リタイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リタイ
พระเจ้าลิไทย
Mahathammardscha Lue Thai.JPG
スコータイのリタイ像
在位 1347年 - 1368年/74年[1]
王朝 スコータイ王朝
出生 ?
死亡 1368年/74年
ルータイ
宗教 上座部仏教
テンプレートを表示

リタイタイ語: พระเจ้าลิไทย、? - 1368年/74年)は、タイスコータイ王朝国王(在位:1347年 - 1368年/74年)、仏教学者。第4代国王ルータイの長子であり[2]、第2代国王ラームカムヘーンの孫にあたる[1]

生涯[編集]

ルータイの存命中はシー・サッチャナライの総督を務めていた。ジャングラオ(カムペーンペット)の総督を務めていた弟との争いに勝利して即位した[3]

衰退していたスコータイの勢力はリタイの治世において一時的に回復し、かつて離反した周辺のムアン(都市)を再び支配下に置いた[4]。リタイは新興のアユタヤ王朝ラーンサーン王朝に対抗するため、1362年ピッサヌロークに遷都する[1]。アユタヤとの友好関係を維持し、スコータイの独立を保った[5]

リタイの治世には北のシー・サッチャナライと南のカムペーンペット、スコータイを接続するプラ・ルアン街道が整備され[1]、後世でも街道は痕跡をとどめている[6]

宗教活動[編集]

リタイの治世には仏教寺院、仏像が多く建立され、仏像の制作技術は極めて高い水準に達したと考えられている[6]セイロン島から高僧を招聘して寺院のサンガラージャ(長)に任命し、国内の仏僧を町で研究と教育に携わるガマヴァシ、森林地域で宗教生活を送るアルンヤヴァシに二分した[3]

正法王(タムマラーチャーティラート)を自称したリタイは仏教についての深い知識を有し、仏教の世界観について記述した『三界経』を著した[1]。リタイの著書は、タイ語による文学作品の中ではラームカムヘーン大王碑文に次いで古いものだと考えられている[6]。民衆の規範となるためにリタイ自身も一時期出家し、出家の習慣はアユタヤとチャクリーの国王、タイの男子に継承される[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 柿崎「リタイ」『タイ事典』、413頁
  2. ^ サヤマナン『タイの歴史』、54-55頁
  3. ^ a b c サヤマナン『タイの歴史』、55頁
  4. ^ 柿崎一郎『物語タイの歴史 微笑みの国の真実』(中公新書, 中央公論新社, 2007年9月)、43-44頁
  5. ^ サヤマナン『タイの歴史』、56-57頁
  6. ^ a b c サヤマナン『タイの歴史』、56頁

参考文献[編集]

  • 柿崎一郎「リタイ」『タイ事典』収録(日本タイ学会編, めこん, 2009年9月)
  • ロン・サヤマナン『タイの歴史』(二村龍男訳, 近藤出版社, 1977年6月)

関連項目[編集]